IKEA港北 3周年イベントに“特大丸太ケーキ”登場

写真拡大

巨大棚からの荷物の積み下ろし見学会など、工夫の凝らされたイベントも定着した感のあるイケア。その日本で2店舗目となるIKEA港北(横浜市都筑区)が9/15(火)で3周年を迎える。これを記念して催されるイベントもまたおもしろいものになりそうだ。

他の写真も見る: IKEA鶴浜の“丸太”はやや太め!?

イベントに登場するのは長さ2m、直径30cmの大きな丸太の形をしたケーキ。「なんで丸太?」と思うかもしれないが、ここにはイケアの伝統が隠されている。

というのは、イケアでは全世界のイケアストアにおいて、店がオープンする日に店長がテープカットならぬ、実物の“丸太”をのこぎりで切るセレモニーが行わるのだ。IKEA港北も例に漏れず、3年前に丸太をカットして店がオープンした。広報の岡田さんは「“丸太ケーキ”のカットをして気持ち新たにスタートを切ろうと思っています。オープン日の丸太より太い“丸太ケーキ”を見に来てください」と言う。

当日は、店長のクリストファー・ビンズさんがケーキカットをし、カットされたケーキは先着約400名に配られる。スイーツ好きな人は時間をあわせて行ってみては。【横浜ウォーカー】

【関連記事】
オシャレライトが約1万円!IKEA“こだわり”の新ラインとは? (関西ウォーカー)
巨大棚の商品はどう取る?IKEAの“裏側”チラ見ツアーとは (東京ウォーカー)
広〜い店内で一泊!イケア“お泊まり会”レポート (東京ウォーカー)
寝ちゃってOK!イケア“ちょい寝カー”体験レポート (東京ウォーカー)
眠れなくてもあせらないで!イケアのイベントで茂木健一郎さん語る (東京ウォーカー)