ソニー・コンピュータエンタテインメントの家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)の新型機が2009年9月3日に発売されたが、最初の4日間で約15万台を売り上げ、同機種の週間販売台数としては歴代1位の販売台数となったことが分かった。ゲーム専門誌発行のエンターブレインによると、8月31日〜9月6日の集計期間に売れた新型PS3の台数は15万252台。発売時期の関係で4日間だけの集計にもかかわらず、06年11月の発売以来、週間販売台数として最高の数字を記録した。

   新型機はハードディスクの容量を拡大するなど機能の充実をはかる一方で、価格は現行機より1万円安い2万9980円で発売された。その「割安感」が売り上げ増につながったとみられる。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
新しい会員サービス「もっと!J-CAST」スタート!ショッピング、限定クーポン、メルマガ・・・J-CASTニュースをもっと!楽しむサービスを提供中!!