従来の約3分の2の厚さや低い消費電力などを実現した上に、価格が3万円を切った新型PS3が9月3日(木)に発売されましたが、発売からわずか4日間で歴代販売台数1位にあたる台数を売り上げたことが明らかになりました。

平日であったせいか、発売初日の朝から量販店に人が並ぶといった様子はほとんど見られなかったため、静かなスタートを切ったのかと思われていた新型PS3ですが、どうやら値下げや薄型化の効果は思った以上に大きかったようです。

詳細は以下から。
新型PS3国内初週販売台数は約15万台−エンターブレイン調べ - ファミ通.com

エンターブレインの調査によると、2009年9月3日に発売された新型PS3が9月6日までの4日間で15万252台を売り上げたそうです。

これが2006年11月11日にPS3が発売されて以来、週間販売台数としては最高の数字とのことで、国内累計販売台数は343万1964台になったそうです。

なお、ゲームビジネスを中心としてリサーチやコンサルティングなどを手がけるメディアクリエイトの調査結果によると、新型PS3が発売される前週にあたる2009年8月24日〜8月30日の1週間で売れたPS3は新型発表や旧型の出荷停止を受けて1040台となっているため、新型PS3が発売されてから4日間で前週の約150倍を売り上げた計算になります。

これが2009年8月24日〜8月30日の1週間で売れたゲーム機の販売台数


ちなみに以下のリンクによると、イギリスでは新型PS3の売れ行きが前週と比べて10倍にあたるロケットスタートとなったそうです。

PlayStation 3 sales rocket over 1000% on slim release // News

Xbox360版に新たなキャラクターやダンジョン、シナリオをはじめとした要素をふんだんに追加した「テイルズ オブ ヴェスペリア」や「NINJA GAIDEN Σ2」「BAYONETTA」「鉄拳6」「ドラゴンボール レイジングブラスト」といったタイトルの年内発売が決定しているほか、「FINAL FANTASY XIII」「グランツーリスモ5」といった大型タイトルも年内発売が見込まれていることを考えると、今後どれだけ販売台数が伸びるのかが気になるところですね。

・関連記事
新型PS3発売開始、一番お買い得な交換用HDDはどれなのか? - GIGAZINE

値下がりした新型PS3をさらに安く買える店舗をチェックしてみました - GIGAZINE

ソニー、「PSP Go」とは別に「PSP-4000」にあたる新型PSPを開発か - GIGAZINE

いよいよ新型PS3が海外で発売開始、買い求める長蛇の列が登場 - GIGAZINE

新型PS3投入の意味やUMDの今後は?ソニーが今後のゲーム事業に関する戦略を明らかに - GIGAZINE

これで換装も簡単?新型PS3のHDD交換方法を解説したムービー - GIGAZINE

記事全文へ