亀田興毅世界前哨戦勝利、市原隼人と語り刺激受ける

写真拡大

 プロボクサー・亀田興毅が5日、世界前哨戦となるウンベルト・プール(メキシコ)戦に挑み、終始優位の展開から5Rに3度のダウンを奪って見事KO勝利、次戦に決定しているWBCフライ級王者・内藤大助とのタイトルマッチに弾みをつけた。

 パフォーマンスも絶好調の亀田は、前日の軽量後にスポンサー企業のビール瓶の栓を歯で開け口に含み前祝い、試合後には「2階級制覇させてもらう」と早くもタイトル奪取宣言し07年に内藤に敗れた弟・大毅の敵討ちを誓った。

 その後、ブログで祝勝会の様子を綴った。「皆さん本当にありがとうございました!これからも期待に応えれるように、もっともっと努力して、いい結果出せるように頑張ります!」と応援するファンに向け感謝の言葉と更なる進化を宣言。

 更に、祝勝会に参加した俳優・市原隼人とのツーショット写真を掲載、「めっちゃ熱い男で、心のある男で、めっちゃいい男や!熱すぎてヤケドするかなって思ったわ(笑)」と同い年で他分野で活躍する市原と熱く語り合い大きな刺激を受けたと明かし、お互いの活躍を誓ってエール交換したようだ。

※この画像はスクリーンショットです

■関連リンク
祝勝会!(今)

■関連記事
【漫画】続々登場、亀田語録の活用方法
亀田興毅、2R勝利で2階級制覇宣言 弟をホメる
亀田三兄弟の父・史郎氏がブログ開設 更新1日3回