2006年にカプコンからPS2向けに発売され、国内外ともに非常に高い評価を得たアクションアドベンチャーゲーム「大神(おおかみ)」の最新作として「大神伝 〜小さき太陽〜」が先日発表されましたが、ゲーム内容の一部が明らかになりました。

どうやら主人公は前作の大神「アマテラス」ではなく、子供の白狼「チビテラス(ちびテラス)」となるようです。

詳細は以下から。
ニンテンドーDSソフト「大神伝 〜小さき太陽〜」のロゴ


これが本作の主人公となる「チビテラス」。本名や前作の主人公「アマテラス」との関係は不明。ちなみに性別は「わんこ」とのこと


ゲーム画面はこんな感じ


前作の雰囲気を受け継いでいます


何が起きたのでしょうか


ちなみに気になる今作のストーリーは以下のようになっています。

大神アマテラスによって安寧がもたらされたナカツクニだったが、
どういうわけか妖怪たちが跋扈する有様になってしまっていた。
そんな中イッスンに連れられ、一匹の小さな白狼(チビテラス)が
木精サクヤの前に現れる。現状を憂い、チビテラスに語りかける
サクヤだったが、突然の落雷によって力を失ってしまう・・・一体
ナカツクニはどうなってしまうのだろうか!?

・関連記事
誰もが驚くような内容に、カプコンが人気シリーズの最新作を開発へ - GIGAZINE

モンハンに酷似した「HUNTER BLADE」に法的措置を取るのかをどうかをカプコンに聞いてみた - GIGAZINE

カプコン、人気シリーズ最新作「戦国BASARA3」の対応プラットフォームを正式発表 - GIGAZINE

ニンテンドーDS本体を破壊するニセモノのマジコンが大量に流通中か、警告ページが登場 - GIGAZINE

記事全文へ