韓国の新しいスキンケアは『ゴキブリ美容法』

写真拡大

韓国は、整形外科の分野では日本よりも先進国だといわれている。整形の技術面だけでなく、韓国人女性たちの飽くなき美への探究心が、整形や美容へと気持ちを掻き立てるのかもしれない。そんななか、美容においては「もしかすると日本人は韓国人に敵わないのかも?」と思ってしまうニュースが飛び込んできた。

このほど韓国でゴキブリを利用したゴキブリ美容法が開発され、実用化されているのだという。このことは『ぱふぱふニュース』が韓国ポータルサイト『JOINS』の情報をもとに伝えており、「ゴキブリをミキサーで砕いてヨーグルトと混ぜて女性の顔面の皮膚に塗ります」と、想像するだけでちょっとビックリな美容法を紹介している。(なお、JOINSの記事は2006年8月31日付のものであり、すでに3年が経過しているのにも関わらず消去されていないため、信頼性の高い情報だと思われているようだ。)

なぜ、ゴキブリを美容に使用しようと思ったのだろうか? この美容法を考え出した韓国人女性によると、ゴキブリの皮にはキチン質という美容に良い成分があり、さらにゴキブリ全体にはコラーゲンがたっぷりと含まれているのだという。また、アセチルグロコサミンという成分もゴキブリの体内にあり、人間の体内サイクルのサポートをしてくれる重要な成分らしい。

では、ゴキブリ美容法によるスキンケア手順を解説しよう。ゴキブリ美容法には台所にいるような不潔なゴキブリはいっさい使用せず、隔離して育成させた清潔なゴキブリのみを使用。ゴキブリの種類は大型のものを使用する(およそ、成人男性の親指よりひとまわりほど大きいくらいのサイズ)。どうやらこの種類は、普通のゴキブリよりも宙を飛びまわる性質があるらしい。

その大型ゴキブリを生きたまま特製ヨーグルトの入ったミキサーに入れ、粉々に砕く。ヨーグルトと一体化して液状となったゴキブリたちを、ヘラで女性の顔面に塗っていく。このとき、どうしてもゴキブリの脚の部分が砕けきらずに残ってしまうようで、原型をとどめたままゴキブリの太ももが女性の顔面にペタリと付着してしまうようだ。

確かに、理論上は効果がある美容法かもしれない。実際にゴキブリにキチン質やコラーゲンがあるのであれば、効果は出るのだろう。しかし、さっきまで生きていたゴキブリを砕いたエキスを顔面に塗るとなると、日本人からすればかなり引いてしまう。

はたしてこのゴキブリ美容法、台所でチャバネゴキブリを1匹見ただけでパニックになってしまう女性が多い日本では受け入れられるのだろうか?

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースはいかが?