PS3コントローラの電池が切れたらどうすればいいの?

ゲームニュースサイト『Game Spark』は2009年内に発売されるPSPの上位互換機種『PSP go』のバッテリーが交換できない仕様になっている件について、違法にコピーしたゲームが動かないようにバッテリーにプロテクトをかけるためとしています。つまり、私たちユーザーが『PSP go』の電池を交換したい場合は、SCEのサポートサービスに送るしか電池交換の方法はないようです。

電池が交換できないという点でいえば、プレイステーション3のコントローラもそのひとつでしょう。プレイステーション3のコントローラはワイヤレス無線のため、コントローラにリチウム電池が入っているのです。当たり前ですが電池が切れると操作できなくなるので、USBケーブルでプレイステーション3本体と接続し、充電を行います。

電池交換ができるものと思い、コントローラの隅から隅まで調べてみたのですが、バッテリーのカバーはもちろんのこと、ねじ穴さえありませんでした。もしかして、このプレイステーション3のコントローラも『PSP go』と同様に、SCEにわざわざ送って電池を交換してもらう必要があるのでしょうか?

その答えはその通りで、SCEにわざわざ送って電池を交換してもらうしか方法はありません。ですがプレイステーション3の電池はパソコンのバッテリーほど劣化が早くないとのこと。けっこう長持ちするようなので数年は問題なく充電でき、操作できるらしいです。

ユーザーとしては電池交換のことを全く考えずに、いつでもやりたいときに何も気にせずゲームをしたいものですが、コードがなくなって便利になったぶん、そういう点は我慢する必要がありそうです。違法コピーのせいで『PSP go』のバッテリーが交換できなくなるのは、善良なユーザーとして釈然としませんが……。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりゲームニュースはいかが?