ここ2〜3年でしょうか。テレビで「ネットで○○が話題になっています」という話題を進める番組が出てきたり、ネットでも個人ブログではなく企業がやっているメディアサイトで「昨日のテレビ番組△△でタレントの○○が◇◇と発言」といった内容を記事にするようになってきたのは。

あなたは、こういったコンテンツ作りの傾向をどう思いますか?

人によっては、「他人のふんどしで相撲をとる行為だ」「自分でコンテンツを作ってないからメディアではない」という意見もあるようです。

しかし、そうでしょうか?

結論から言うと、私は「現在のメディアとして果たすべき役割の1つである」と考えます。というのも、メディアの役割として、これまでの「独自のコンテンツを作ること」に加えて、「情報を取捨選択して整理して伝えること」が重要になってきているからです。

以前のコラムで少し触れましたが、 2006年の時点ですでに、消費情報量の4317倍もの選択可能情報が世の中に流通していると言われています(総務省調査)。つまり、世の中に流れている情報すべてを把握することは現実的に不可能になっています。さらに趣味嗜好の多様化や社会構造の細分化・専門化により、人によって「大切だ」と思う情報がバラバラになってきています。昔のように、日本人のほとんどがピンクレディーや「ひょうきん族」に興味をもつといった時代ではないのです。

ブログやSNSのようなCGMも含めて多種多様な情報が大量に流通している世の中だからこそ、玉石混淆の情報の海から「これは良い情報」「この分野ではこれは見ておくべき」といった、情報の取捨選択と整理をする役割が価値を持ってきているのです。


続きはこちら