8月26日に発売されたSMAPのニューシングル「そっと きゅっと/スーパースター★」が思わぬ苦戦を強いられてる。初日の売上枚数は3万枚に留まり、デイリーランキングでは、AKB48の「言い訳Maybe」(推定売上枚数5万7,000枚)に敗れ、2位に甘んじる結果となった。このペースでいけば、AKB48が週間1位を獲得する可能性は非常に高い。ドラマタイアップに加え、1年ぶりの新曲リリースといった好条件にも関わらず、10作連続となっている首位も危うい状態だ。

画像はこちらから

「『そっときゅっと』は、草なぎ主演の『任侠ヘルパー』主題歌となっています。これまで草なぎ主演のドラマ曲といえば『セロリ』『らいおんハート』『世界に一つだけの花』と、ヒットを飛ばしてきました。それだけに今回も、と期待する声は高かったはずですが......」(音楽関係者)

 前作「この瞬間、きっと夢じゃない」は、オリコン週間1位を獲得したものの、初動売上が16年ぶりに10万枚を割ってしまった。今回の初日売上は「この瞬間〜」をさらに下回っているだけに、関係者は不安を隠せないようだ。

 新曲リリースに際して、26日付の産経新聞で特別広告を掲載したほか、FM東京では24日から1週間、「SMAP × TOKYO FM8.24」キャンペーンを展開。各番組にメンバーが登場し、29日には渋谷スペイン坂スタジオに木村拓哉が出演するなど盛んなPRを繰り広げている。これらのプロモーションが巻き返しのきっかけとなるか、目が離せない。



【関連記事】 「ジャニ同士で足の引っ張り合い!?」TBS『こち亀』KAT-TUN田口登場も視聴率急落
【関連記事】 まだ続いている嵐・大野大麻疑惑 処遇をめぐりジャニーズは混乱!?
【関連記事】 "山Pに謎の液体をブッカケ!? ジャニーズ"やらかし"最新事情
【関連記事】 AKB48最年長の大堀恵 "最下層アイドル"の処世術を大激白(前編)
【関連記事】 "厳しい手段"も!? 石原真理「本当は本は書いていないんです」発言に版元困惑