経営体制の見直しから、F1の参戦に幕を下ろしたトヨタ。さらには自社が所有する・富士スピードウェイでのF1開催からも身を引いた。これで日本でF1開催が可能なのはホンダが所有する鈴鹿サーキットのみとなったわけであるが、ホンダはこれまで声明を発表していなかった。しかしここへ来て、ファンを安心させる一言を放った。



F1日本GPは鈴鹿サーキットでというのが日本中に定着しており、2007年にF1日本GPが開催されることとなったときは、がっかりと肩を落としたファンも多くいた。

今後、鈴鹿でF1は開催されないのだろうかという不安があったからである。

富士SWでF1が開催されることが無くなった現在、残るは鈴鹿しかないのであるが、「まさかホンダも・・・」などという不安も無きにしも非ずであった。経営が苦しいのはホンダも同じであるからだ。

ホンダは、2010年以降のF1GPは鈴鹿で開催することを発表した。

なんとも男気のある一言だ。

モータースポーツファンを完全に魅せた一言である。待ったましたと言う声が日本中から聞こえてきそうだ。

やはりホンダは自分たちのすべきことを知っている。

100年に一度の不況が来ようが、経営が苦しかろうが、自分たちの原点を見失わない、まさに”ホンダイズム”である。

またホンダの武勇伝に新たな1ページが刻まれた。

男気を見せたホンダに、今後の更なる活躍を期待したい。

(TechinsightJapan編集部 ”自動車魂世界一”car journalist 木下) 

【関連記事】
ホンダには一足早く春が来る!?
なぜいま?ホンダが増産決定
今こそ前へ。燃え上る”ホンダイズム”
「インサイト」販売好調の秘訣は女心?
富士スピードウェイでのF1に幕が降りる。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!