2つに折って兄弟で分けて食べることができる形状を採用した、凍らせて食べてもおいしい「夏の風物詩」ともいえるポリ容器飲料「チューペット」が生産終了となったことが明らかになりました。

地元である関西を中心にテレビCMが展開されており、CMソングを耳にするたびに夏の訪れを感じていたことを考えると、一抹の寂しさを感じざるを得ません。

詳細は以下から。
チューペットの生産、販売の終了について | 前田産業株式会社

ポリ容器飲料「チューペット」や乳酸菌飲料「ミルトン」を手がける前田産業の公式ページによると、5月に発生した生産工程上の不具合で生産および出荷を休止していた「チューペット」の生産終了が決定したそうです。

これは生産の早期再開を目指して工程上の不具合解消に努めていたところ、老朽化したライン設備などの改善改良に思った以上に時間や費用がかかることが判明したためで、これ以上時間をかけても再開の目途が立たず、顧客にも迷惑をかけることになることから、生産再開を断念することを決定したとのこと。

これが「チューペット」です。


なお、「チューペット」は1975年(昭和50年)に発売開始以来、長年にわたって夏の定番として親しまれていたとしています。

・関連記事
「ムトウハップ(六一〇ハップ)」を生産していた武藤鉦製薬が業務終了へ、すでに工場は操業停止 - GIGAZINE

フロッピーディスクドライブに続いて「MOディスク」も販売終了へ、需要減退を受けて正式決定 - GIGAZINE

ついにフロッピーディスクドライブの生産をメーカーが打ち切りへ - GIGAZINE

「蒟蒻畑」は毒ギョーザやNOVAと同列?マンナンライフに消費者団体が販売再開見送りを要望 - GIGAZINE

記事全文へ