マウスは、キーボードとともにパソコンの必需品だ。ノートパソコンをメインに使っている人でも、デスクでは外付けのマウスを使う人もいるほどだ。

そんなマウスはキーボードと同じくらい多種多様な製品が市場にあふれており、ユーザーの好みも千差万別だ。

モノに強いこだわりを持ったユーザーが集まるレビューコミュニティ「zigsow」でも、自分が好みのマウスについては熱く語られている。

早速、zigsowユーザーの熱い口コミを少しだけのぞいてみよう。


■光学から空中まで!自分好みのマウスを語れ
マウスは接続方法や通信方式、形状、デザインなどの違いにより、実にさまざまな製品が提供されている。

zigsowユーザーは、いったいどんなマウスに興味を持っているのだろうか? 何か、こだわりはあるのだろうか?

・USB光学式マウス
パソコンにUSBポート経由で接続するタイプのマウスだ。今日ではもっともオーソドックスなマウスなので、お使いの人も多いだろう。

USB光学式マウスというカテゴリでみれば同じ種類に分類されてしまうが、登録されているマウスの写真を見ているだけでもバラエティに富んでいて面白い。スクロールのカリカリ感が良いなど、使用感についても口コミで知ることができる。
USB光学式マウス

・ワイヤレスマウス
パソコン本体にレシーバーを接続することによって、わずらわしいケーブルなしに使うことができるマウス。通信方式の違いにより、赤外線・Bluetooth・Wi-Fiなどの種類に分類することができる。Bluetooth内蔵パソコンであれば、レシーバーを必要としない場合もある。

口コミを見ると、使用感が有線と変わらないのが大変よいなど、ワイヤレスでもマウスとしての反応は申し分ないようだ。
ワイヤレスマウス

・トラックボール
ボールを指で転がすことによって、マウスカーソルを動かすポインティングデバイス。手首を動かさずにマウスカーソルを操作することができる。マウスに比べて省スペースであり、長時間の使用でも疲れにくいというメリットがある。

モノによっては生産中止の製品もあり、「高値でも購入したい」「予備はいくらでも欲しい」など、究極の一品も存在するようだ。
トラックボール

・空中マウス
文字通りに空中で使えるマウス。空中だけでなく、机上で使える製品も存在する。空中使用時は、ジャイロセンサーでマウスの動きを検出することによって、マウスカーソルを動かすことができる。

ユーザーの口コミによると、リビングのプラズマテレビやプロジェクターに接続したパソコンを操作する場合に便利に使えるとのこと。企画会議や研究発表のプレゼンテーションにも威力を発揮しそうだ。
空中マウス

・水で洗えるマウス
マウスは常に使うものなので、知らず知らずのうちに汚れてしまうものだ。とはいえ汚さないようにしながら使うことが難しいのもマウスだ。

汚れたら水で丸洗いしちゃいたいという人もいるだろう。そういう人に打ってつけなのが「水で洗えるマウス」だ。
水で洗えるお手軽さは、ほかのマウスで味わえない画期的なもの。ユーザーの口コミを見ても、マウスはけっこう汚れるので、水で洗えるのは良いとのことだ。
水で洗えるマウス

以上のように、オーソドックスなマウスから一風変わったマウスまで、zigsowにはさまざまな種類のマウスが登録されている。マウスの購入を考えている人は、zigsowユーザーの口コミをみてマウス選びの参考にしては如何だろうか。

マウス、トラックボール

zigsow(ジグソー)
いろいろなジャンルで情報感度の高い趣味人が集うレビューコミュニティ。なかなかお目にかかれないレアモノや、こだわりの逸品など、ユーザーが濃いレビューを公開している。話題の製品などがもらえるモニター企画も人気だ。

もっと口コミ モノ・トレンドを見る
模型だけじゃない!乗車券だけでも満足できる「鉄道」の世界
そんな傘まであるの? 雨や日をよけるだけじゃない「傘」の世界
好みは十人十色!味わうほどに奥が深い楽器の世界
至福の時間を過ごす!こだわりのコーヒーメーカー