マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox 360」のハイエンドモデル「Xbox 360 エリート」の北米での販売価格を399.99ドル(約3万7400円)から299.99ドル(約2万8000円)へ値下げすることを発表しました。同時に、「Xbox 360 Pro(日本名はXbox 360 スタンダードモデル)」も299.99ドル(約2万8000円)から249.99ドル(約2万3000円)へ値下げされるそうです。

詳細は以下から。
Xbox.com | Xbox News - Xbox 360 Drops Elite Console Price by $100

マイクロソフトの発表によると、もっとXbox360で楽しい経験をしてもらうためにエリートモデルを399.99ドル(約3万7400円)から299.99ドル(約2万8000円)へ値下げするほか、プロモデルは現在の在庫については299.99ドル(約2万8000円)から249.99ドル(約2万3000円)へ値下げするそうで、在庫が無くなり次第販売終了となるようです。一方で、最も安い価格が設定されているアーケードモデルは199.99ドル(約1万9000円)で据え置かれるとのこと。

家庭用ゲーム機としては、ソニーが薄型、低消費電力になった新型PS3を発表しており、海外でのPS3本体価格を399ドル(約3万7300円)から299ドルに値下げするなど攻勢をかけています。

なお、日本国内での値下げについては特に言及されていません。

・関連記事
ソニーが安価になったスリムな新型PS3を正式発表、内蔵HDDも増量される - GIGAZINE

新型PS3を発売前に入手、分解してみた写真が一挙公開される - GIGAZINE

Xbox360の新モデルは130万画素カメラを搭載か、「Project Natal」に対応 - GIGAZINE

Xbox 360で人気のFPSシリーズ「Halo」がボンズやProduction I.Gなど日本のアニメ会社5社によってアニメ化 - GIGAZINE


記事全文へ