転職後の不安は、20代が「人間関係、仕事内容、長期就業」、30代が「会社の成長性」、40代が「スキルが通用するかどうか」――などで、年代により違いがあることが、人材紹介・再就職支援のパソナキャリアが実施した「転職後の不安に関する調査」で分かった。
 
  調査によれば、入社後の不安として上位にあげられたのは、「上司や同僚・部下との人間関係」(56.8%)、「仕事内容が思い描いていたどおりかどうか」(56.3%)、「入社先で長く働くことができるかどうか」(51.3%)、「会社の今後の成長性」(45.9%)があげられた。最も不安な点としては、「仕事内容が思い描いていたどおりかどうか」(20.8%)、「入社先で長く働くことができるかどうか」(16.7%)、「上司や同僚・部下との人間関係」(12.8%)、「スキルや経験が通用するかどうか」(11.3%)が挙げられた。

  年代別にみると、20代では、「上司や同僚・部下との人間関係」「仕事内容が思い描いていたとおりかどうか」「長く働くことによってスキルアップが見込めるかどうか」という点が他の年代と比較して高くなっています。20代前半に限るとさらに「中途入社者の受け入れ体制が整っているかどうか」という点も高くなっており、受身な姿勢が見られる。

  30代では、「会社の今後の成長性」が不安として高くなっている。また、「上司や同僚・部下との人間関係」「長く働くことでスキルアップが見込めるかどうか」「社内ルール」「中途入社者の受け入れ体制」等が、全体と他年代より低くなっており、より自発的な態度で転職に臨んでいるようだ。一方で、最も不安な点として、「仕事内容が思い描いていたとおりかどうか」「入社先で長く働くことができるかどうか」が他年代よりも高く、転職に対して慎重な一面も見られる。

  40代では、「スキルや経験が通用するかどうか」という点が不安として高い。その一方で、「長く働くことでのスキルアップ」「オフィスなどの社内環境」「残業時間が多くないか」という点は他年代よりも低く、即戦力人材としての意識の違いがでている。

◆関連ニュース
100年に一度の大不況でも不足している職種とは? (2009/8/21)

ビジネスパーソンが選ぶ働きたい業界No1、金融業界は未だに人気! (2009/7/30)
“婚活”と“転活”は反作用!? 既婚者は転職に保守的だが、仕事は充実 (2009/7/28)
ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)
新卒とは視点が違う!? 転職人気企業No.1はあのメーカー(2009/6/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
求人が激減! 正社員有効求人倍率0.27倍 昨年同月の半分に(2009/5/29)
若手会社員2人に1人が、夏のボーナス次第で転職検討!?(2009/5/28)
「転職厳しい」7割超 打開策は"資格取得"と"給与条件の見直し"(2009/5/26)