来年4月から、ゆとり教育を受けた大卒新入社員が入社してくる。“ゆとり世代”とは、ゆとり教育を受けた1987年度生まれ(現在21歳)以下からで、高卒、短大卒はすでに社会にでている。今年4月、入社した“ゆとり世代”が就職の際に重視したことが「企業風土」よりも、「給与水準」「企業規模」を優先していたことなどが、産業能率大学の分析で分かった。

 ゆとり世代が、就職先を選ぶ際に重視した1位と2位は、「仕事内容」と「業種」で、3位が「所在地」、4位が「給与水準」、5位が「企業規模」となっている。22歳以上でも、1位と2位は同じだが、「企業風土」が約47%で3位に入っていた。これが、ゆとり世代ではわずか15%で7位。会社選びでは、企業風土より所在地、給与水準、企業規模が優先されていたことが分かった。

 一方、転職のイメージについて「キャリアアップ」か「挫折」か聞いたところ、「キャリアアップ」(52%)と「挫折」(48%)が拮抗した。22歳以上ではこれが「キャリアアップ」(75%)、「挫折」(25%)となっており、ゆとり世代が転職を挫折と捉える傾向がでている。

 最近の各種調査でも、若年層の安定志向の高まりが指摘されているが、ゆとり世代がチャレンジでもある転職を避け、できるだけ同じ会社で働こうとする姿が浮かび上がってきた。


◆関連ニュース

学生の会社選択のポイントは「安定している会社」(2009/8/13)

2010年新卒の就職活動は漢字1文字で「苦」 (2009/8/11)
2010年新卒 就職氷河期再来のおそれ 未内々定者の4人に1人が進学や留年考える (2009/7/22)
2010年新卒 内々定が出ていない就活生の深刻な悩み…なぜ内々定がでないの?(2009/7/16)
2010年新卒、いまだ3割内定もらえず 文系女子の苦戦続く(2009/7/13)
「選考中 採用中止で ハイ終了」 厳しい就活を”川柳”で(2009/7/10)
採用担当者が履歴書で重視するポイントとは?(2009/7/2)
「買い手市場」の壁に直面、今年の就活はつらい…(2009/6/22)
採用担当者から見た、「就活生に不足しているもの」1位は…(2009/6/18)