人材紹介のジェイ エイ シー リクルートメント(JACリクルートメント、本社:東京都千代田区)が8月21日発表した『求人職種ランキング調査』によると、4−6月に求人の多かった職種のトップ3は、「法人営業」「経理」「機械設計」だった。法人営業では「顧客を連れてくる」ネットワーク力のある中堅人材を求める声が高いという。

2008年7月から今年6月までの1年間の新着求人を対象に行ったランキング調査で、新着求人数は約3万1000件。法人営業と経理の1、2位は1年間を通じて同じで、機械設計は、2008年7月から2009年3月までの4位からワンランクアップした。

直近の4−6月の法人営業求人では、企業の“節約” 志向を反映して、費用対効果を測定しやすいインターネット広告分野の求人が目立った。また、5月ごろからは太陽光パネルなど環境領域の営業求人も出てきているという。

2位の経理は、戦略的に収益構造を見直す役割を期待され、次長・部長クラスにも引き合いがあった。3位の機械設計は電力や水処理などのインフラ領域で継続的なニーズがあるという。

昨秋以降は世界的に経済環境が悪化したが、昨年7−9月に比べランキングが大きく上昇したのは17位から8位になった「コンサルタント」。事業会社の組織・事業再編や財務建て直し、資金調達、決済関連のシステム開発需要を背景にした金融機関のニーズが伸びた。「医療機器営業」は28位から13位に躍進。全般に医薬・医療系職種は堅調で、とくに製品開発サイクルが早い医療機器分野で経験者を中心に求人が活発だった。また“巣ごもり”需要を背景に、通販をはじめとする課金サービスの開発ポジションで人材ニーズが発生。「商品開発/開発」が32位から14位にランクアップした。

一方、ランキングを大きく下げたのは、「製造技術/生産技術(機械)」(8位→15位)、「総務」(12位→20位)、人事・採用(27位→40位)など。「製造技術/生産技術」は生産ラインの稼動休止の影響を受けた格好。ただし「総務・人事」「総務・法務」など管理部内で業務を兼任できる人材へのニーズは高い。

1年間の業種内訳は製造業(機械・電機・化学)29%、消費財・サービス26%、IT・通信18%、金融・コンサルティング14%、医薬・医療12%などだった。

  • 『iPhone』アプリ開発者は不況知らず?:開発者需要が5倍に2008年11月4日
  • 「理系科目は文系より難しい」:英研究者、「評価上乗せ」を提言2008年7月4日
  • 人生のお値段と転職のタイミング2007年7月2日