あの『Livly(リヴリー)』がニンテンドーDSでゲーム化

写真拡大

『So-net』上のサービスとして提供され、2003年のサービス開始以来、93万人が利用登録したコミュニティサービス『Livly Island(リヴリーアイランド)』。この『Livly』が『ニンテンドーDS』用ゲームソフト『Livly Garden(仮称)』として制作されることが明らかになりました。『So-net』を運営するソネットエンタテインメントとマーベラスエンターテイメントが共同で制作し、ことしの冬に発売を予定しています。

『Livly Island』は、ブラウザ上で遊べるFlashで制作されたコミュニティサービス。『リヴリー』と呼ばれる自分だけのバーチャルペットを育成し、ほかのユーザーの島に出かけたり、『リヴリー』を介してチャットするなど、オンライン上のユーザーとのコミュニケーションを楽しめます。

DS版では、机の上に庭(ガーデン)を持ち、そこで自分の『リヴリー』を育てていきます。『リヴリー』の世話をしながらガーデンを作っていき、『リヴリー』とガーデンが相互作用していく育成シミュレーションになる模様。通信機能を利用した、ほかのユーザーとのコミュニケーション機能も持たせるとのこと。ウェブコンテンツとして生まれた『リヴリー』がDSでどのように広がり、展開していくのか注目していきたいと思います。

8月22日(土)から東京・渋谷のPARCO Factory(パルコファクトリー)で9日間にわたって開催される『Livly Island』のユーザー参加型イベント『Dr.ミュラー研究所 研究発表会2009〜Go Go Lively〜』では、『Livly Garden(仮称)』のイメージビデオを先行上映します。ファンの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

■関連記事
自分の分身と協力してカラクリを解く新感覚ゲーム『己の信ずる道を征け』本日発売!
3Dでドット絵を描こう!3Dお絵かきWebサービス『Q-BLOCK』が公開
“人生は1回きり”のアクションゲーム!雷天堂が再び贈る問題作『YOU ONLY LIVE ONCE』