あなたの貯金は幾らあるだろうか? 30歳代のビジネスパーソンの3人に1人が400万円以上の貯蓄を持ち、職種別では手堅く貯めているのは「エンジニア」であることが、転職サービス「DODA」を運営するインテリジェンスの調査で分かった。関東、関西、東海地域在住の22歳〜39歳のビジネスパーソン1218人を対象に実施した。

貯蓄金額では、30代になると400万円以上貯蓄している人の割合が増加、30代前半(30〜34歳)で33.5%、30代後半(35〜39歳)で32.7%と、ほぼ3人に1人が400万円以上の貯蓄を持っている。

一方、20代前半(22〜24歳)の貯蓄は、給与が少ないことも影響していると思われるが、「50万円未満」が45.2%、「50万円〜100万円未満」が17.7%で、100万円未満の人が60%以上を占めている。

20代後半(25〜29歳)になると、貯蓄に回す余裕ができるのか、「50万円未満」が27.2%、「50〜100万円未満」も14.5%で、100万円未満の人が約40%と大幅に減少し、貯蓄が増加傾向に転じている。

職種別では、比較的高額の貯蓄をしている人の割合に違いがでている。500万円以上貯蓄している人の割合が最も多いのは、「IT系エンジニア」で26.5%、次いで「モノづくり系エンジニア」(23.6%)と続く。これに対し、「企画/事務系」(17.9%)、「営業系」(12.8%)、「販売/サービス系」(11.5%)はいずれも20%を切る割合で貯蓄が少ない。エンジニア職は、手堅く貯蓄をしているという傾向がでている。


◆関連ニュース
子育て支援への期待 トップは「経済的な支援」(2009/8/14)

日本人の余暇活動は 日常型レジャーへ(2009/8/11)
働く男女の贅沢スタイルが変化、主流は“平日のちょっとした贅沢”(2009/8/3)
20代社会人の7割が仕事にストレス!?(2009/7/31)
派遣社員の平均時給が過去最低を記録 (2009/7/31)
コンプライアンス違反があっても3割の社員は報告せず (2009/7/29)
ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
仕事の能率を高め、決断力・忍耐力を向上させるには・・・"(2009/5/20)