PS3 Slimクローズアップ&ハンズオン

写真拡大


ちいさくなって、サプライズも少々。


初代PS3と形状を比べてみる

ご覧のように形状は比較的変わってませんよね。前から見ると、あの「象をも倒す」と恐れられた元ヘビー級世界チャンピオンが「脂肪をノックアウトー!」と売りまくってる「ジョージ・フォアマン・グリル」そっくりだし、背面のポートもそのまんま。ギズはてっきりソニーも、Xbox 360みたいにPSUを本体の外に出してちっちゃくするんだろうって思ってましたけど、ハズレでした、前と同じです。ブリック型電源はついてません。

電源スイッチとディスク取り出し用ボタンは、タッチから普通のボタンに。これは改善だと思いますね。USB専用ポートは2つに減ってます。あと無くなったものと言えば、カードリーダーもみんな消え失せてます

なんせ小さいので縦に立てると、かなりグラグラします。9月に24 ドルのスタンドが発売になるのは、なるほど、そういうことだったのか...。PS3 Fat(急きょつけた初代の愛称)は正面のPSのロゴも立てる方向に合わせて回せますけど、PS3 Slimは回せませんからね。無理やり回さないように〜。

ま、そんなニッチなことはさておき、変更点で僕が気に入ったのは、 やはりマットフィニッシュになったことですね、うん。

それにしても通気孔が減ったってことはSlimの方が静かだったり、ヒンヤリするってことしょうかね? これはゲームで実際に遊んだらすぐ分かることなので、初代と並べたギャラリーの後に、そこのテスト結果だけ報告しておきます。
 

初代PS3と音を比べてみる

ここでは初代とSlim、2台のコンソールで「Transformers 2」のゲームを試してみました。ファンの音はほぼ一緒です。でもディスクドライブはSlimの方がうるさかったです。違いが分かるという程度で、滅茶苦茶うるさくはないですけどね。

念のためiPhoneのデジベル計アプリで測ってみたら、ゲームプレイ中のノイズはPS3 Slimが25〜33dB前後、PS3 Fatは22〜30dBでした。まあ、数字の差は小さいですけど、デジベルは対数表示なので、3デシベルごとに音の大きさはほぼ倍になる点をお忘れなく。つまり仮にこの数字が正しいとすれば(単なるiPhoneアプリなのでたぶん違ってる)、Slimの方がほぼ倍うるさい、ということになります。

(開封シーンの動画はKotakuでどうぞ)


Jason Chen(原文/訳:satomi)
 

 
【関連記事】
ダイエットに成功したPS3 Slim、3万円以下で登場とのこと
PS3 Slimのパッケージを開封してみた(写真ギャラリー)
スチームパンク風PS3、故障時保証対応有り
PS3用モーションコントローラーはこれまでで最高のゲーム・モーションキャプチャーかも!(動画あり)
PS3、ゲーム以外の魅力がさらにアップ