設置・効果計測のイメージ図
 バンテンと仏Quividi社は18日、Quividi社が有するデジタルサイネージ用の顔認識効果測定システムを日本市場に投入するため、戦略的な開発および販売パートナーとして協業することを発表した。9月30日よりサービス提供を開始する。

 バンテンのインテリジェントサイネージプラットフォーム「エンゲージメディア」と、Quividi社の効果測定システムを連動させ、従来から提供してきたコンテンツ放映レポートに測定データを組み入れサービス提供する。同時に、今後両者の開発チームが連携し、OEMサービス提供を含めた機能強化を進めていく。

 「エンゲージメディア」放映レポートサービスは、コンテンツ単位で放映期間や場所など抽出条件を選択し、放映履歴データベースからいつでもレポートファイルをダウンロードできるWebサービス。今回の機能追加により性別や年齢層の認識、カメラの視界でとらえた人数や時間、ディスプレイへ視線向けた人数と時間などもあわせて一覧できるようになる。なおバンテンはQuividi社の効果測定システムを使い、ヨドバシカメラのインストアメディア「ヨドびTV(ヨドビティービー)」他数社で2008年12月より実証実験を実施し、その効果を踏まえ今回の協業を決定したとのこと。

■関連ニュース
Interop Tokyo 2010はナノオプト・メディアが主催――産学連携と実証実験の場を強化
デジタルサイネージ市場の潜在需要を獲得する!――日本サムスン
ユビテック、改正省エネ法支援ソリューション「Ubiteq Energy Watcher」を発売
日本サムスン、従来比3倍の高輝度液晶を搭載した『窓際デジタルサイネージ・システム』を発売開始
【WIRELESS JAPAN 2009 Vol.12(ビデオニュース)】WiMAXインフラを使った新たなサイネージの形