日本マクドナルドが過去の人気レギュラー商品や期間限定商品を3ヵ月期間限定で販売するという。その狙いは何だろうか。

3ヶ月継続のキャンペーンは「NIPPON ALL STARS」と銘打たれており、過去の人気日本オリジナルメニューである、「たまごダブルマック」、「月見バーガー」、「チキンタツタ」、「グラコロ」を順次展開していくという。

注目はナゾの米国人男性「Mr.ジェームス」をCMキャラクターに仕立てたキャンペーン告知CMである。いかにもイケテナイ米国人中年男性という風貌のキャラクター設定は、「かつて留学で日本を訪れたのをきっかけに日本が大のお気に入り。おいしいものを食べて、幸せな気分になるとついつい「タマランデス」と言ってしまうのが口癖」だという。
Web限定の「Mr.ジェームス アメリカでの、ニホンゴ スタディムービー !!」も実にユニークで、どこかオカシナ日本語を一生懸命練習するキャラクターが描かれているのだ。
Mr.ジェームスはテレビやWebの中だけで活躍するのではない。日本全国のマクドナルド各店舗や観光名所に出没して、その様子をブログに綴るという。

「NIPPON ALL STARS」メニューやMr.ジェームスの発するメッセージは何だろうか。
それは、「タマランデス」というほど、「日本はスバラシイ!」「日本オリジナルメニューはオイシイ!」ということだろう。そこに隠された意図は日本マクドナルドの微妙なポジショニング調整だと考えられる。

「日本のハンバーガーよ、もう遊びは終わりだ」と強力なメッセージで米国から上陸してきたクォーターパウンダー。CMでは北島康介のビッグマウスも炸裂した。強力なアメリカナイズである。安室奈美恵をキャラクターに仕立て、現在も「バラ色でいくぜ!」とキャンペーン継続中の「日本バラ色計画」で、より多くのファンを抱えるに至った。

続きはこちら