映画「南極料理人」の初日舞台あいさつに出席した小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、古舘寛治、沖田修一監督(写真前列左から)、高良健吾、生瀬勝久、堺雅人、きたろう、豊原功補(同後列左から)

写真拡大 (全2枚)

映画「南極料理人」が8日に公開初日を迎え、主演の堺雅人のほか、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、豊原功補と沖田修一監督が都内で舞台あいさつを行った。

本作は、南極観測隊員として南極で調理を担当していた西村淳氏のエッセーを映画化した人間ドラマ。南極基地を舞台に8人の観測隊員が、調理担当の西村(堺)が作った料理を全員で食べて生活を共にするうちに、次第にきずなを深めていく。

堺の娘役を務めた小野花梨から南極をイメージしたという白いバラを贈られた堺は「娘役の小野花梨ちゃんは天才子役でしたね。テストごとにいろんな演技を試して、大人の反応を見る女優さんなんですよ。見ていただければ分かると思うんですが、手の内でころころ転がされるような感じで、末恐ろしいですね」と小野を絶賛した。

雪氷学者役の生瀬は「きょうはようこそ。この前にも上映がありまして、その時は見終わった方たちへ舞台あいさつをしたんですが、もう涙々で大変なことになってました。この後、皆さんも涙々でご覧になるんでね、ハンカチだけ用意しておいてください」とユニークなPRで会場を笑わせた。

医療担当役の豊原は「撮影は本当に楽しかったです、みんなそれぞれ好き勝手で。本当に面白い映画になって、初日からたくさんのお客さんに集まっていただいて、これが世界各国で絶賛を浴びるようになったらどうしようかなと、今から心配しています」と満員の客席を見て満足げな表情を見せた。

気象学者役のきたろうは「この映画は意味を考えながら見ると、よく分からなくて何だろうって思いますけど、ぼーっと見ていただくと、家に帰ってからズシッと来ると思います。深い意味を考えずに、ぜひぷらっと見てください」と独特の表現で見どころをアピールした。

映画「南極料理人」
テアトル新宿にて公開中、8月22日(土)より全国拡大ロードショー



■関連記事
堺雅人の手はおにぎり向き!?
佐藤浩市が“自分でも嫌になるほど”の熱演!
堺雅人が素人出演者の演技力に嫉妬(しっと)…「あの人の演技を超えられたら…」
映画「ごくせん THE MOVIE」公開に仲間由紀恵が涙の舞台あいさつ
今後の日本映画界は櫻井翔とケンドーコバヤシが担う!?