〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語
を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


【前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。 そこでは、日本ではとても経験できそ
うにない体験が待っていた。




いったんホテルに戻って、丸の内重工の皆様をお連れして支店長宅
に着くと、夜の7時は過ぎていた。

もう既に酔っ払って赤い顔をした永井店長が上機嫌で玄関まで出迎
えてくれ、一行を30畳はあるであろう大きなリビングルームに通
してくれた。

リビングルームの中央の壁には、縦横3メーターはあると思われる
巨大スクリーンが鎮座しており、既に例の同期の両国が持ち込んだ
と思われるビデオが堂々と上映されており、その前の机には、宮田
が持ち込んだ日本酒がまるでお供え物のように大事に並べられてい
た。


< こ、これは、ここまでやったらちょっとまずいんとちゃう? 

続きはこちら