BJ・ペンがケニー・フロリアンから見事な一本勝ち。王者に完封されたケン・フロは、退場時に泣いているようにもみえた

写真拡大 (全7枚)

8月8日(土・現地時間)、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアのワコビア・センターで開催されたUFC101『DECLARATION』。NBAのチーム名=76ersにもなっている通り、1776年に独立宣言が採択されたフィラデルフィアで行われる初のUFCライブイベントには、DECLARATION(宣言)というサブタイトルが付けられた。

同大会では、UFC世界ライト級選手権試合BJ・ペン×ケニー・フロリアンをメインイベントに加え、階級を超えたスーパーファイトとして、ミドル級絶対王者アンデウソン・シウバと元ライトヘビー級王者フォレスト・グリフィンの一戦。その他にも、ジョルジュ・サンピエール政権が不動のものとなるつつあるウェルター級戦線に、ミドル級から階級を下げたTUFシーズン7ウィナーのアミール・サダローが、WEC転向組の一人でインジオの愛称を持つ親子鷹ファイター=ダニーロ・ビルフォートが注目の参戦を果たした。

そのメインイベントでは、1月のGSP戦以来となるBJが、ライト級最強の挑戦者ケン・フロを相手に横綱相撲を見せ付けた。序盤からプレッシャーを掛け続け、パンチとヒザ蹴りで優勢に試合を進めると、ケン・フロのテイクダウン狙いにも動じることなく、4Rには逆にテイクダウンを決めるとバックグラブ、続け様にカカト蹴りをボディに見舞い、これを嫌がって意識がボディにいったケン・フロをチョークで捉えた。

また、第10試合で行われたアンデウソン×フォレスト戦は、フィジカル面こそ一回り大きなフォレストに分があるようにみえた。だが、実際に対峙をすれば、序盤から伸びのあるワンツーでフォレストからダウンを奪ったアンデウソンが、続け様、前に出るフォレストにパンチを合わせて2度目のダウンを奪うと、最後は右のスナップを利かせた手打ちにも見えるような一発のパンチで、3度目の、そして最後のダウンを奪ってTKO勝ち。終わってみれば、7月のUFC100でチアゴ・アウベスを退けたGSPに続き、BJ、アンデウソンとライト、ウェルター、ミドルの各階級の王者が圧倒的な強さを誇示し、まさに独走状態となった。

その他、同大会では、ウェルター級期待のサダロー、ビルフォートがそれぞれジョニー・ヘンドリックス、ジェシー・レノックスに敗れている。全試合結果は下記の通り。

■UFC101:大会プレビュー
初開催フィラデルフィア、メインはBJ×ケン・フロ
絶対王者にタフファイトを――、シウバ×フォレスト
秘蔵っ子サダロー&ビルフォートが神の階級へ

■10日(月・日本時間)にはWEC42が開催!
水垣参戦、WEC42全対戦カードはコチラ

<UFC101:DECLARATION 全試合結果>

第11試合 UFC世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]
○BJ・ペン
(米国)
4R3分54秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
[挑戦者]
ケニー・フロリアン×
(米国)
第10試合 ライトヘビー級/5分3R
○アンデウソン・シウバ
(ブラジル)
1R1分23秒
TKO
詳細はコチラ
フォレスト・グリフィン×
(米国)
第9試合 (スウィングバウト)ライト級/5分3R
×シェーン・ネルソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アーロン・ライリー○
(米国)
第8試合 ウェルター級/5分3R
×アミール・サダロー
(米国)
1R29秒
TKO
詳細はコチラ
ジョニー・ヘンドリックス○
(米国)
第7試合 ミドル級/5分3R
○ヒカルド・アルメイダ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ケンドール・グローブ×
(米国)
第6試合 ライト級/5分3R
×ジョシュ・ニアー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
カート・ペルグリーノ○
(米国)
第5試合 ウェルター級/5分3R
×タムダン・マックローリー
(米国)
3R終了
判定
ジョン・ハワード○
(米国)
第4試合 ミドル級/5分3R
×ターレス・レイチ
(ブラジル)
3R終了
判定
アレッシオ・サカラ○
(イタリア)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○マット・リデル
(米国)
3R終了
判定
ダン・クレーマー×
(米国)
第2試合 ライト級/5分3R
○ジョージ・ソティロパロス
(豪州)
2R1分59秒
キムラアームロック
ジョージ・ループ×
(米国)
第1試合 ウェルター級/5分3R
×ダニーロ・ビルフォート
(ブラジル)
3R3分37秒
TKO
ジェシー・レノックス○
(米国)