『Xbox LIVE』でインディーズゲームの販売開始へ

写真拡大

マイクロソフトは、『Xbox 360』向けネットワークサービス『Xbox LIVE』を8月11日にアップデートし、日本や海外のクリエーターが制作したインディーズゲームの販売を開始すると発表しました。個人や中小のゲーム開発会社に門戸を開いたコンシューマゲームの流通手段が、日本でもいよいよ解禁になります。

8月11日にオープンする『Xbox LIVE インディーズゲーム』では、国内外から200タイトル以上の作品が販売される予定。7月23日から日本のクリエーター作品を受け付けており、現在審査中とのこと。これらは審査により承認され次第、販売を開始します。販売価格は、80/240/400マイクロソフトポイントのいずれか(700マイクロソフトポイントが税込みで1050円)。すべてのゲームには無料の体験版が用意されるそうです。

クリエーターは、マイクロソフトが無償で提供する開発ツール『XNA Game Studio』によりゲームを開発し、クリエーター向けサービス『XNA クリエーターズ クラブ オンライン』から投稿します。投稿されたゲームは『XNA クリエーターズ クラブ オンライン』のメンバーである、ほかのクリエーターから『ピアレビュー』と呼ばれる審査を受け、承認された作品が販売される仕組み。『XNA クリエーターズ クラブ オンライン』は、作品の投稿や審査ができる『プレミアム会員』が有償のサービスとなっています。

今回の『Xbox LIVE』アップデートでは、パッケージで販売されているゲームをダウンロード販売する『ゲームオンデマンド』やアバター用アイテムを配信する『アバターマーケットプレース』の開始、『Xbox LIVE』の各種機能追加が含まれます。パッケージで販売されるゲームが手軽にダウンロードで購入できるのも魅力ですが、アイデアあふれるユニークなインディーズゲームが200本以上そろうのもインパクトあるニュース。今後の動きに注目していきたいと思います。

■関連記事
開発者に朗報! SCE『PSP』向けゲーム開発支援ツールを値下げ
ゲーム機でFlashを動かす『Scaleform』セミナー開催――開発者が寄せる期待と現実のギャップ
携帯ゲームで年収1000万円!個人クリエーター護美童子インタビュー