8月6日付けの4Gamer.comによるとコナミが8月6日に発売したWii向けソフト『ポップンミュージック』では、Wi-Fiコネクションでの追加曲配信が行われている。シリーズ初のWii作品という事で、どれほどのファンに受け入れられるか注目だ。

『ポップンミュージック』はアーケードゲームとして登場。上から落ちてくるポップくんに合わせてボタンを押すというリズムアクションゲームで、プレイステーションやドリームキャスト、ゲームボーイにも移植された。今回のWii版ではニンテンドーWi-Fiコネクションで追加曲を2曲100Wiiポイントでダウンロードが可能となっている点や、Wii用に操作部分がアレンジされているといった具合に、これまでは少し違った内容となっている。

長く家庭用ゲーム機でも親しまれてきた同シリーズ。今回は初のWii作品という事で、見た目からもこれまでとは違ったアレンジがなされている。過去シリーズのファンにも受け入れられるかは謎だが、今後はWiiでシリーズを展開していく事もあるかもしれない。固定ファンもいるシリーズだけにどれだけ売れるか注目されるところである。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
ポールトゥウィンが海外進出
DSiの販売台数が300万台突破
いまだ収まらぬXbox360ユーザーの怒り
『モンスターハンター3(トライ)』に行列
スクエニがカウントダウンサイトオープン
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参照】
4Gamer.net