えっ!興毅 内外タイムスに入社?

写真拡大

 ニ階級制覇を目指すWBA世界フライ級1位の“浪速乃闘拳”亀田興毅が3日、都内で会見を開き、自身の今後について言及。仰天の“未来予想図”とは。



 会見では、世界前哨戦第2弾として元北米ライトフライ級王者のウンベルト・プール(メキシコ)との10回戦(9月5日、東京・ディファ有明)を発表した。

 前回の試合から半年。またしても同級王者デンカオセーンではなく、ノンタイトル戦となってしまったが「この半年でどれだけ変わったか見てほしい」と意気込んだ。



 目標はあくまで先に見据える世界タイトルマッチ。「年内にやらんかったら『この1年何やってたん?』ってなる。二階級制覇に自信はある。それに(タイトル戦が実現できなければ)オレ自身のモチベーションが無くなってしまう」とあらためて年内挑戦を誓った。

 もちろんそれで終わりではない。「目指すは三階級制覇やからな。現役は30歳までやりたいな。1年に4試合ずつ」と明かした。

 そればかりか、引退後のプランにも触れ「(現役を)辞めたら、将来はナイガイで働く」と本紙記者に宣誓。

 30歳まであと7年。本紙に就職する前に幾多の武勇伝を残してもらいたいものだ。

【他にはこんな記事も!!】
二足のわらじ履く女子プロレスラー・華名インタビュー
戦極 藤田が判定に激怒 戦極を批判
健介オフィス 健介 気持ちのいい敗戦

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!