モノクロームのスローモーション映像の中、宮あおいがカメラを構えて微笑む。オリンパスのデジタル一眼カメラ「オリンパス ペン EP-1」のCM。現在テレビに大量投下中だ。デジタルカメラとして復活した往年の名機「ペン」の戦略はどんなものだろうか?

「オリンパス ペン」というカメラの名前にノスタルジーを覚えるのは、中高年のカメラマニアだ。「Since1959」とCMのコピーにもあるように、初登場は1959年、高度成長期前期である。当時のカメラは高価なライカが憧れの的であったが、その40分の1、6,000円という価格を実現。さらにまだまだフィルムが高かったため、35ミリフィルムの1枚のサイズの中に2枚撮影できる「ハーフサイズ」を確立した画期的なカメラであったのだ。
その後も様々な改良が重ねられ、1963年には世界初、世界唯一のハーフサイズの一眼カメラとしてリニューアルした。それが今回のデジタルカメラ化されたペンのコンセプトとなっているのだ。

上記の通り、中高年にとっては思い出深いカメラで、一度は手に取った人も多いはずだ。40代の筆者がカメラ少年だったとき、まだ中古機が多く出回っており、それを愛機としていた仲間も多かった。まず、今回のターゲットの一つはその層であることは間違いない。

イメージキャラクターとして宮あおいを起用しているのが絶妙だといえる。
宮あおいの趣味が写真であることを知るファンは多い。兄で俳優の宮崎将と、世界の経済格差問題を描いたフォトエッセー「たりないピース」、環境問題を描いた「Love,Peace & Green たりないピース2」を記すなど活動も本格的だ。2007年〜2008年にオリンパスのデジタル一眼カメラE-410/510にも起用されているのでその流れであるが、実際に写真活動を行っている女優が推奨するという演出はにくい限りである。


続きはこちら