夏だ。いつの間にか高校球児が果てしなく年下になっていることに気づかされ、時の流れを痛感する季節である。たとえ野球と1ミリも関係のない人生を送っていても、高校球児はなぜだか特別な存在に思えるのは私だけであろうか。ビックコミックスピリッツで連載中の漫画「高校球児ザワさん」を読み、ますますそれを痛感した。

 西東京代表として甲子園に出場するほどの実力を持つ「日践学院」野球部。そこに所属する唯一の女子部員が「都澤理紗」、通称“ザワさん”だ。この作品はザワさんの日常を描いたものである。

 高校野球部の紅一点ともなれば、さまざまなドラマが生まれることであろう。女だてらに野球を続ける意味。公式戦に出場できない悔しさ。男子部員に芽生える恋心、そして野球との葛藤。そういったすべてを飲み込み、歯を食いしばって辛い練習を耐え抜いて、いつしか彼女は甲子園のマウンドに立つ――。などといったストーリーを想像してしまうが、この作品はそういったものではない。ザワさんの日常を、どこまでも淡々と、描いたものである。

 先述の陳腐なストーリーは私が考えたものであるが、作中の登場人物も似たようなイメージをザワさんに持っているようだ。高校野球部の女子部員ということで部外者から好奇の目を向けられたり、対戦相手から蔑まれたりするが、ザワさんはまったく意に介さない。悪意を持っていた側の人物が恥ずかしくなるほど、なにごともなかったように日常を続ける。

 この作品は他者の目線からのザワさんが描かれているスタイルであるため、ザワさんの心理描写はまったくといっていほどない。ゆえに読者はザワさんがなにを考えているのかを知ることはできない。読者にわかるのは、ただザワさんが美しいということだけだ。

 ザワさんは美しい。日に焼けていて化粧っ気がなく、制服の下に野球のアンダーウェアを着込んでいるような女子高生なのだが、非常に魅力的だ。ザワさんの不思議な魅力はともに練習に励む男子部員たちはおろか、会話をしたことのないクラスメイトや電車で乗り合わせただけの中年男性までをも惹きつける。人間、外見より中身などというが、中身すら知りえないザワさんに作中の登場人物や読者が惹かれるのはなぜなのだろう。

 ザワさんの美しさの秘密はわからないが、その言動にひたすら胸がくすぐったくなるのは私だけではないはずだ。似た作品の名を挙げることができない、不思議な肌触りを持つ漫画である。
(TechinsightJapan編集部 三浦ヨーコ)

【関連記事】
【3分でわかる】おおきく振りかぶって
【3分でわかる】俺はまだ本気出してないだけ
【3分でわかる】ヘタリア Axis powers
【3分でわかる】あずまんが大王
【3分でわかる】けいおん!
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!