2009年7月31日、ダイキン工業(大阪市、岡野幸義社長)は100%子会社の大金(中国)投資有限公司が中国の住宅用暖房給湯市場への本格参入を目的に「ヒートポンプ式住宅用温水暖房機」を開発し、8月1日から現地で販売すると発表した。
中国ではこれまで、化石燃料を原料とした燃焼系ボイラーによる暖房が一般的だった。だが近年では環境意識の高まりから、燃焼系ボイラーよりCO2排出量が少なく、ランニングコストも半分に抑えられるヒートポンプ暖房機への需要が高まっている。
今回ダイキンが中国で販売する「ヒートポンプ式住宅用温水暖房機」は、中国の事情に応じて「床暖房」と「給湯」機能を備えた製品の第一弾で、富裕層の多い上海などの沿岸地域にある高級マンションや戸建て住宅向けに販売する。将来的には製品を増やし、販売エリアを拡大する計画で、2010年に100億円の売り上げを目指す。(編集/東亜通信)
【関連記事】
<環境保護>10数万戸が対象!暖房を深夜電力利用へシステム改造―北京市
<中華経済>日立電線、香港の電線製造会社をハヤカワ電線に売却
<中華経済>ラオックス、臨時株主総会で中国・蘇寧電器との提携を承認
<中華経済>IHI、台湾の地下鉄空港線向けに掘進機を出荷
<中華経済>日立が中国でエレベーターの生産能力拡大、上海に新拠点