20代社会人の約7割が仕事にストレスを感じており、そのうち「ストレスが原因で体調を崩したことがある」人が7割に及ぶ――こんな結果が、毎日コミュニケーションズが、20代社会人の男女を対象に実施した「勤務実態と生活に関する調査」で明らかになった。

 「現在、仕事でのストレスを感じていますか?」ときいたところ、「非常に感じている」(29.2%)、「少し感じている」(42.7%)と約7割の人がストレスを感じているという結果になった。

 その主な原因は、「社内の人間関係」(61.9%)、「仕事内容に対する不満」(52.6%)、「不況による待遇の変化」(43.5%)といった回答が上位を占めた(複数回答)。
 また、「ストレスが原因で会社に行きたくないと思うことはありますか?」との問いに対しては、「週に数回」(25.2%)、「毎日」(23.2%)、「週に1回」(9.7%)と週に1回以上「行きたくない」と回答した人が6割近くに達した。
 さらに「ストレスが原因で体調を崩したことがある」との回答は、7割近くにもおよんでおり、若手社会人が抱えるストレスが多い実態が分かった。

 調査は、若手社会人に対し「変化の時代を楽しむビジネス力を身につける」ことを提案する同社運営のメディア「COBS ONLINE」(コブスオンライン)の20歳代社会人を対象に実施、431人から回答を得たもの。


◆関連ニュース
コンプライアンス違反があっても3割の社員は報告せず (2009/7/29)

ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
仕事の能率を高め、決断力・忍耐力を向上させるには・・・"(2009/5/20)
新入社員の4割が「良心よりも上司の指示に従う」と回答"(2009/4/30)