【事業計画】モノリンガルでも英語で資金調達プレゼンする方法

こんにちは、経営コンサルタントの入野です。

先週、シリコンバレーのNASA Ames Research Centerに出張でした。

アメリカ宇宙ビジネスのビジネスプランコンテストの決勝に選ばれ、
決勝プレゼン大会を戦ってきました。

宇宙ビジネスというと、
日本ではまだ「夢を売る商売」の段階ですが、
アメリカでは「カネの飛び交うリアルビジネス」となりつつあります。

クライアント社長はモノリンガル。
私がプレゼンを代行するよりも、
カネを預かる責任者として本人がプレゼンすることが大切なので、
無茶振りを承知でご本人にやっていただきました。

プレゼン時間は6分。質疑応答は3分。

審査員はバリバリの投資家。
ITベンチャーへの投資で成功した個人資産ウン百億円のエンジェルや、
運用資産ウン千億円のプライベートエクイティの代表者
などがズラリ。

手厳しい質問が飛び交う過酷なプレゼン環境にもかかわらず、
クライアント社長は実力を発揮して
プレゼンは成功に終わりました。

無茶ぶりしておきながら、言うのもなんですが、
モノリンガルが英語でプレゼンするのは吐きそうになるほど胃が軋みます。

土壇場まで徹夜でリハーサルを重ねに重ねて
実力を発揮した社長に本当に頭の下がる思いでした。

8/6(木)セミナーでは、
実際の映像をお見せしながら解説します。



本日の事業計画書の書き方は
「モノリンガルでも英語で資金調達プレゼンする方法」を解説します。






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ピアノよりも「ネコ踏んじゃった」を弾けるようにする
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「1週間後、英語でプレゼンしてね」と無茶振りされて、
「1週間以内に英語をうまくなろう」と考えるのは無茶です。

日本で英語教育を受けた普通のビジネスマンが

続きはこちら