標高4301mまで疾走する自動車レース、田嶋伸博氏が4連覇(動画)

写真拡大

Chuck Squatriglia


Photo: Ford

標高2862メートルから4301メートルまで、標高差1439メートルを駆け上り、「雲へ向かうレース」と呼ばれる『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』(PPIHC)。

このレースのワイルドさは、見ての通りだ。参加車は、156のコーナーをクリアしつつ、舗装路と未舗装路(グラベル)からなる約20キロメートルのコースを全力疾走する。800馬力を超える車で、時速209キロメートルを出し、危険な急斜面に挑むドライバーの姿は、本当にすごい光景だ。

[パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、初開催が1916年で、『インディ500』に次ぐ米国で二番目に古いレース。パイクスピーク(Pikes Peak)はロッキー山脈の東端にある山。コースは平均勾配7%、ガードレールなどは無く、ハンドルを切り損ねれば600メートルの急斜面を滑落する。スタートとゴール地点で大きく標高が異なるため、気圧、気温、天候の変化に自動車を対応させる必要がある]

このレースの助手席に座った気分が味わえる動画を紹介しよう。『Motor Trend』誌の動画で、世界ラリー選手権(WRC)のエースだったマーカス・グロンホルム氏の運転だ。[フィンランドのドライバーで、2000年と2002年にWRCで優勝]

この動画はグロンホルム氏が初めてパイクスピークを走った時のもので、車も初めて乗り込んだものだった。そのことで彼はナーバスになっているか? それはまったくない。

7月19日に行なわれた決勝で、エンジントラブルを抱えながら、グロンホルム氏は素晴らしい走りを見せた。11分28秒963で完走し、3位となったのだ。レース後、タイヤは煙を上げていた。

優勝は、4連覇となった日本の田嶋伸博氏だ。[田嶋氏の総合優勝は5度目で、4連覇。田嶋氏は1998年から参戦を続け、1995年に総合初優勝。2006年には『エスクード・ヒルクライム・スペシャル』、2007年と2008年は『XL7・ヒルクライム・スペシャル』、2009年には『SX4』で4連覇を達成した。同レースのコースレコードは、2007年に田嶋氏が記録した「10:01.408」]

Motor Trend誌の動画『Peak Performance』と、ラリー映像の古典『Climb Dance』を併せて楽しんで欲しい。


WIRED NEWS 原文(English)

  • 『コルベット ZR1』、日産『GT-R』を3秒抜く:車載映像も2008年7月14日
  • ポーランドの有名な「合法ストリートレース」、動画で紹介2008年8月1日
  • 横浜ゴムのエコタイヤ、レースでも疾走2009年3月26日
  • 次世代バイク18チームがマン島でレース:「世界最速マシン」の動画2009年6月4日