“婚活”と“転活”に関する調査で、既婚者は転職により保守的になるが、仕事はより一層充実していると感じている――こんな結果が、転職サービスDODA(デューダ)を運営するインテリジェンスの調べで分かった。関東、関西、東海地域在住 25歳〜34歳のビジネスパーソン5,000人を対象に、既婚者と未婚者の転職活動に対する意識の違いについて調査を行った。

 転職に対する考えについて聞いた質問では、既婚者の30.6%が「過去1年間、一度も転職を考えていない」と回答したのに対し、未婚者は22.7%に留まる結果となった。また、「時期は決めていないが、いいところがあれば転職したい」は、未婚者43.8%に対し、既婚者は39.8%で、結婚することで、転職意向度が下がる傾向にあることが明らかになった。

 転職先企業を選ぶ際に重要だと思うことも、既婚、未婚のいずれも1位は、「給与・手当など金銭面での待遇がよい」、2位は「雇用が安定している(失業の心配がない)」となったが、3位以下は、既婚者が「育児・介護休暇制度など福利厚生が整っている」であるのに対し、未婚者は「自分が希望する仕事ができる(人事配置で配慮される)」が入っている。

 特に、未婚者では育児・介護休暇制度を重視すると回答した人は3.4%に留まった。既婚者は、自己実現よりも「家族の幸せを優先する」傾向が表れた。

 今の仕事を楽しめているかどうか聞いた質問では、「非常に楽しめている」「まあ楽しめている」と回答した人が既婚者で69.0%だったのに対し、未婚者は64.0%と、既婚者がより充実して仕事に取り組んでいる姿が浮かび上がった。


























◆関連ニュース
ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)

新卒とは視点が違う!? 転職人気企業No.1はあのメーカー(2009/6/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
求人が激減! 正社員有効求人倍率0.27倍 昨年同月の半分に(2009/5/29)
若手会社員2人に1人が、夏のボーナス次第で転職検討!?(2009/5/28)
「転職厳しい」7割超 打開策は"資格取得"と"給与条件の見直し"(2009/5/26)