経済学者J.K.ガルブレイス著『不確実性の時代』がベストセラーになったのは、1970年代後半である。
あれから、かれこれ30年・・・。
私たちは、いったい何を学習したのか?

1987年8月から18年以上にわたって連邦準備制度理事会(FRB)の議長として、アメリカ経済の舵をとりつづけてきたグリースパン氏は、ガルブレイスの予見に対して、金融市場の予測能力を高め、過去のような金融恐慌が起こらないシステムを創ろうとした。

しかし、昨年の後半、その甲斐もなく、世界で金融市場は揺れた。「確実」を目指した所に、「不確実」が起こったものだから、全世界がパニックになった。「確実性」を追い求め、安定することが、逆に「不確実性」へのリスクを増大させているのが、現代だ。

何でも予測できると賢い人たちは言う。
だが、確実性が増えれば増えるほど、不確実性のコストが増えリスクも増大する。「確実」の想定が決まりごとになるほど、社会はその半面のコストとリスクを背負い、弱体化していく。

そうなら、最初から、「確実」なんて「無い」という、『無確実』への理解を強くした方が、強い社会になる近道は、見えてくる。必要なのは、「確実」を前提とした「不確実」ではなく、 どげんもこげんも『無確実』であるという発想だ。


私たちは、暮らしの中で、既に気づいている。
どんなに努力をして、確実を目指しても、自分の意図に反して、コミュニケーションが失敗してしまうことを・・・。
「確実なコミュニケーションなど存在しない」のだ。
それは、「確実なビジネスなど存在しない」と言うのとイコールだ。


社会には、決定的な解がない。
解答と呼ばれるものの不確かさを知り、それに付き合い続けた結果として、ステイタスは、手に入る。
ビジネスというコミュニケーションの場で掴み取るステイタスとは、『無確実』の上に輝く。



続きはこちら