「ギガンゲリオン創造計画」としてメディコムトイとガイナックスによる身長1メートルの巨大エヴァンゲリオンがワンフェス2009[夏]の電撃ホビーマガジンブースで登場していました。また、ミニ四駆のアバンテとエヴァンゲリオンがコラボして誕生した「ミニ四駆PRO アバンテMk.III アズール エヴァンゲリオン初号機SPECIAL」も展示。何だかよく分からない気分になってくるコラボですがとにかくすごい迫力でした。

詳細は以下から。
ギガンゲリオン創造計画。


電撃ホビーマガジンブースに登場していた巨大エヴァ。


顔のアップ。


大きいだけあって圧力があります。



頒布価格は税込15万5400円。


ライトを背にする初号機。下半身から胴体にかけては金属製フレーム内蔵で転倒や歪みを防いでいます。


横から見たギガンゲリオン。


電撃ホビーマガジンで連載中の小説「エヴァンゲリオン ANIMA」のイラストボードも展示されていました。


エヴァ・ユーロ&スーパーエヴァンゲリオン。


ケンタウロスのような姿の無限航続型強行偵察仕様 弐号機?式。


そして同じブースで展示されていたエヴァンゲリオンコラボのミニ四駆。


名前は「ミニ四駆PRO アバンテMk.III アズール エヴァンゲリオン初号機SPECIAL」。


エヴァ初号機を思い起こさせるカラーのボディ。


9月中旬発売予定で価格は税込1680円。


緑色のホイールをはいたバージョンはより初号機っぽいカラーになっています。。



フロント側。


リア側。ウイングにはネルフのマークも入っていました。


電撃ホビーウェブ -DENGEKI HOBBYWEB- メディコム・トイ×ガイナックス ギガンゲリオン創造計画発動!!

電撃ホビーウェブ -DENGEKI HOBBYWEB- ミニ四駆PRO エヴァンゲリオン初号機

・関連記事
あの「死海文書」がNASAの技術で解読され、オンラインで公開へ - GIGAZINE

ステンレスの端材で作られたエヴァンゲリオン零号機を工場まで行って撮影してきた - GIGAZINE

綾波レイなど3種類のデザインを差し替えできるロッテリアの「ヱヴァンゲリヲン サマー・ドリンクボトル」を買ってきた - GIGAZINE

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開、アスカフィギュア付き数量限定コンボセットなどレビュー - GIGAZINE

箱根補完マップを使って「エヴァンゲリオン」の街・第3新東京市の舞台探訪に挑戦 前編 - GIGAZINE

エヴァのスーパーコンピューター「MAGIシステム」は実在する - GIGAZINE

ついにベールを脱いだ「エヴァケータイ」こと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」を高解像度写真付きで紹介 - GIGAZINE

記事全文へ