言いたいことをぎっちりと詰め込んで。そのためにデザインも工夫して。思いの丈のすべてを盛り込んだパンフレット、なのに結果的には、読んでもらいたい人に少しも届いていない。どうして?

典型的な悪例、生命保険の約款

細かな文字、少し専門的にいうと7ポイントぐらいの大きさの文字で、ぎっちりと書きこまれているのが、保険会社の約款。パッと見ための印象は、真っ黒だ。なぜ、黒々として見えるかわかりますか。答はかんたんで文章に漢字がたくさん使われているから。

画数の多い漢字は黒く見える。黒い漢字が多数使われていると、誌面全体が黒く見える。心理的には黒い誌面には、相当な圧迫感があり、まず読もうとする意欲自体が削がれてしまう。このワンブロックの文章等がその典型である。結果的には保険の約款なんか誰も読まない。

と、実は黒い約款の狙いは、この「読まれない」ことにあったりするんじゃないかと疑いたくなるぐらいだ。といえばクレジットカードの申込なんかも同じではないだろうか。少なくとも、約款などの誌面からは「どうぞ、読んでください」といったフレンドリーな印象を受けることはまずないだろう。


地下鉄構内案内の問題

筆者はNPO法人に関わっている。このNPOでやっているメインの活動が、地下鉄をはじめとする公共交通機関でのバリアフリー経路情報の提供だ。今のところインターネットで情報を公開していて、サイト名を『えきペディア(http://www.ekipedia.jp/index.html)』という。このサイトのメインコンテンツが「らくらくマップ」である。

「らくらくマップ」とはひと言でいえば、地下から地上へ楽に移動するルートを案内するマップである。だからエレベーターがある駅については、それがわかりやすく。エスカレーターしかない駅でも、エスカレーターのある位置がひと目でわかるようにと工夫されている。


続きはこちら