『ハリー・ポッター』シリーズを通してのヒロインといえば、ハーマイオニーを演じる美少女エマ・ワトソン(19歳)だ。シリーズを重ねるにつれて少女から大人への成長とともに色気を漂わすようになり、いまや大女優の貫禄すら見える女性である。

そんなエマ・ワトソンが交通事故に遭い、死亡したという情報が全世界のインターネットを駆け巡り、広まっているのをご存知だろうか? 数々の事故を報じているサイトの情報によると、エマ・ワトソンが運転していた自動車がカリフォルニア州ロサンゼルスで交通事故に遭い、エマワトソンが死亡しているのが確認されたという。事故後、警察はヒスパニック系の男性2人を尋問し、捜査にあたっているとのこと。また、エマ・ワトソンの親族はショックでコメントできない状態だという。

しかし、アメリカのハリウッド情報サイト『Hollywood Dame』によると、エマ・ワトソンの死はデマであることが判明し、世界中の人たちが翻弄されてしまったとコメントしている。つまり、デマだったことが判明したわけだ。

しかし、問題はさらにここから発展する。エマ・ワトソンの死亡事故のデマを流したとされるサイトを見てしまったら最後、なんと、ウイルスに感染する仕掛けになっていたのである。デマを掲載しているサイトは多数あるようだが、すべてのサイトというわけではなく、デマを初期に流したサイトがウイルスをまき散らすようだ。

もしエマ・ワトソンの事故について心配になっても、検索をして軽い気持ちでサイトを覗いてはいけない。ウイルスに感染する可能性があり、非常に危険である。もう一度重ねて言おう。エマ・ワトソンの事故について、インターネットで深入りしてはいけない!

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースはいかが?