6月にGIGAZINEで128GBのUSBメモリが登場したことをお伝えしましたが、さらにその2倍にあたる256GBの超大容量を世界で初めて実現したUSBメモリが発売されることが明らかになりました。

ここまで大容量化すると、どのような用途で利用すればいいのか悩んでしまいそうですが、人に見られたくない大事なデータをHDDごとバックアップして人目につかないところに隠してしまうなど、一風変わった使い方をしてみるのも面白いかもしれません。また、購入したユーザーに対しては5年間の保証などが付けられるとのこと。

詳細は以下から。
Kingston Technology Company - Press 2009 - 世界初、超大容量256GB USBフラッシュ・ドライブを発表

このリリースによると、キングストンテクノロジーは世界初となる256GBの大容量を実現したUSBメモリ「DataTraveler 300」を発売するそうです。

「DataTraveler 300」は超大容量であることに加えて、キャップを紛失する心配などが無いキャップレスボディを採用しており、USBポートに挿すだけで利用可能になるとのこと。また、Windows対応のセキュリティソフト「Password Traveler」がプリインストールされているほか、Windows Vistaの「Windows Ready Boost」にも対応。

購入者に対しては5年間の保証が無料のテクニカル・サポート付きで提供されるとしており、気になるお値段はオープン価格とされています。

これが「DataTraveler 300」の本体。USBコネクタを収納したところ


ちなみに「DataTraveler 300」の転送速度は読み込みが毎秒最大20MB、書き込みが毎秒最大10MBであるため、仮に最大速度でデータを転送できた場合、256GBのデータを読み込むには約3時間半、書き込むには約7時間かかる計算となることを考えると、数十GBのデータを頻繁に読み書きして利用するのは少し難しそうです。

・関連記事
32GBのSDHCメモリカード、ついに6000円台まで値下がり - GIGAZINE

安価なフラッシュメモリで高速なハイエンドSSDを作る技術が登場 - GIGAZINE

ようやく1.5TBのHDDが1番お買い得に、本体価格は1万円割れ目前 - GIGAZINE

記事全文へ