セカンドライフ同様に、日本では馴染まないのかなと思いかけていた矢先、最近、盛り上がり始めました。となると、とばっちりを受けるのは?

 なんとなく、このところの盛り上がり感は非常に良い盛り上がり
 の気がする。なんだか、最近、フォローされる。オフラインでも
 何人かから同じように「なんでですかね?」と聞かれた。

 そんなタイミングで勝間女史がtwitterを始めたそうで、フォロー
 が殺到しているみたい。(私もフォローしてみた)
 で、見てたら、歌手の広瀬香美さんがアルファベット小文字「t」
 をカタカナ「ヒ」と読み間違え、twitterをヒウィッヒヒーって
 読んだことが話題になってたり。。

 ネット上での独り言であり、つぶやきであるtwitter内だけでの
 出来事が、マスメディアも取り上げる話題になるって雰囲気から
 すると、ここから一気に本格化しそうな感じがしますね〜。


 確かに気が付くと、いろんな人が使い始めてる。
 コミュニケーションに使ってる人もいれば、メモ代わりに使う人
 もいるし、いろいろな使い方が出てきたのが、とても「いい感じ」
 に見える。仕掛けて、むりくり「流行らせてる」感じがないのが
 非常に良い。

 肌感覚で感じるのは、自分も常々、言ってきたつもりだけど、
 新しいメディアが出てきた時に、話だけ聞いて知ったかぶってる
 だけじゃ全く意味がないので、実際に使ってみろ、ってタイプが
 増えてきた感じがする。登録してみて、使ってみて、慣れてみて、
 他のメディアやサービスと自分なりの比較検討をしてみる、って
 いう、当たり前のことを多くの人がやっている結果が、この時期
 の「Twitter再燃」に繋がってるような。何の根拠もないけど。

 この先に思うのは、「プロフ&リアル」世代が入ってくるかなー
 ってところが気になるねー。リアルとつぶやきは同じだからね。
 SNSのような出会いを目的としている感じが全くない、単なる

続きはこちら