「INSIGHT NOW!」のビジョナリーとしても活躍中の小倉広さん。
その書籍の内容から、考え方を一部紹介します。

会社理念に深く共感し、「考え方を学ばなきゃ」と、先月今月と全著書を拝読した、小倉広さん。
http://www.insightnow.jp/profile/11825
#フェイスホールディングスの代表取締役社長です。
http://www.faith-h.net/
書籍を読んで益々素晴らしい方だと思うようになりました。
とくに『ビジョナリーカンパニーへの教科書』、傑作です。
※アマゾンはこちら


本著の中にもありますが、彼が一貫して主張していることの1つに
「リーダーは、矛盾の解決、そして矛盾の創造と解消のステップへ進むべき」
という論があります。

つまり、トップは矛盾することを言って当たり前。
簡単に言えば「今まで2週間でやっていた制作物を1週間で作れ。質は落とすな」という命令をして「当然」との立場に立ちます。
この矛盾を「解決」するのがリーダーの役割、だと。


次に、リーダーは「矛盾の創造と解消」を図るべきだ、と。
つまり、部下に矛盾を創造し、その解消を(チーム一丸となって)図るわけですね。
これができると経営者の資質たるマネジメントが身につく、と。

新鮮、かつ、大変頷ける考え方でした。
確かにトップの矛盾に対し、できない、とばかりいうリーダー職は、現場を率いるリーダー職の資質が身についているとは思えませんから、トップは矛盾を作り出し続けるものなんだ、という考え方を受け入れるべきですね。


一方で、この考えには前提もあります(小倉さんが語っているわけではありませんが)。
それは、トップが何よりも従業員を愛し、従業員の幸せを考えていることです。

小倉さんと2回ほどお会いさせていただきましたが、彼にはこの姿勢がにじみでていましたから、彼自身が「矛盾の創造」を部下の取締クラスに求めても、彼らはついていけるわけです。

続きはこちら