″エロコス″のカリスマもお手上げ!? 過激化するコスプレイヤーたち

写真拡大

 素人女性が自らモデルを務め、企画制作する同人コスプレROM写真集。オタク世界の片隅で地味〜に運営されてきたこの趣味ジャンルが、近年急速に成長を遂げている。その中でも顕著に台頭してきたのが"エロコスROM"。高露出度の衣装で挑発的なポーズを取り、男性の目を引きつける作品群だ。最大の即売イベントであるコミックマーケット(略称:コミケ)では、そうした作品を売るコスプレイヤーの前に数百人規模のファンが行列を成す。そんな活況の最中、業界をリードしてきた著名コスプレイヤーのひとり、目黒ぬこ氏が主催サークルHP上で引退声明を発表。以下、その全文を引用する。

目黒ぬこ氏のコスプレ画像はコチラから

目黒ぬこがモデルとして活動するコスプレROMサークル「ぬこめぐろ」はコミックマーケット76(2009年8月)を以て制作活動を停止いたします。そろそろ辞め時とは常々考えていましたが、今がその時。コスROMの加速し続けるエロ路線に多少ならざる危惧を覚え、もうこのフィールドで継続的に一定の質の作品を出し続けていくことには魅力を感じられなくなってしまいました。思うところは色々ありますが、自分自身が好きにかまけてエロを利用した作品づくりをしていたので責任の一端を担っていた自覚があります。事実上の敗北宣言ですね。



 なんとも意味深なメッセージではないか。さっそく目黒ぬこ氏本人を直撃し、その真意を聞いてきた。

──まずは、ご自身のことについて教えてください。

目黒 コミケを中心に活動しているコスプレイヤーです。コスプレ自体は中学生の頃からやっていますが、ROM制作を始めてからは約2年半です。

──それは趣味の活動ということですか?

目黒 はい。ROM販売の収入で贅沢すると抜け出せなくなるので、コスプレで稼いだお金はコスプレ関係の設備投資や制作費に回すようにしています。

──コスROM制作というのは、当てにするほど大きな収入が得られるものですか?

目黒 一日で百万以上を売り上げるコスプレイヤーも少なくありません。今なら特別にかわいい子でなくても露出度さえ上げれば、普通には考えられないぐらい大きな額をすぐ手に入れられます。

──目黒さんも人気コスプレイヤーの一人ですよね。そんな状況の中で止めてしまうのがもったいないとは思わないんですか?

目黒 あくまでも趣味ですから。屋外ロケをやってみたり、何十万円もかけて紙の写真集を作ってみたり、自分をモデルとしてできる活動はやり尽くしてしまいました。それに、今のコスROM業界の流れに引きずられるのは不本意なので。

──流れと言いますと?

目黒 3年くらい前までは、パンチラ写真が収録されているだけでちょっとしたニュースになる世界だったんです。それが今は、パンツを脱ぐのも当たり前になっていますよね。

──なぜそんなに激変してしまったのでしょうか。

目黒 前提として購買層はほとんど男性ですから、エロい方が売れるんです。それと、作り手の横並び意識ですね。私も同じようなことをしているんですが、今、エロコスの最先端になっているのは、おっぱいを死守したままパンツを脱いで局部を突き出すような作品です。これって不自然だと思いません? 誰か一人がエロ度を上げて話題を取ると、他のモデルも同レベルまでは抵抗感なく露出できるようになって、業界の基準が統一されるんです。それを繰り返してパンチラからここまですごい勢いでエスカレートしてきました。

──目黒さんご自身は、手で隠すなどして、モザイクの要るような局部露出はしていませんね。

目黒 元々エロ表現が好きでエロコスという作風でやってきましたけど、さすがについていけないですね。露出度が最重要視されている現状で、その基準に自分を合わせていくことは無意味だと感じました。

──何か、活動中のコスプレイヤーや、コスROMを買おうとしている人に言っておきたいことはありますか?

目黒 将来結婚する相手に見せられるか? 周囲の人に誇れる内容か? また、自分の目的はどこにあるのか? など見失わずにいてください。いたずらに過激化すれば自分で自分の首を絞めます。これからエロコス業界では、必ず乳首を露出する流れが起こります。次に求められるのは男性とのカラミかもしれない。自分を大切にしてね、と言いたいです。それからファンの方はぜひ露出度だけでなく、制作の背景や作品コンセプトにも注目してあげてください。コスROMは面白いんです!
(取材・文=瀧昌臣)

●目黒ぬこ(めぐろ・ぬこ)
主催コスプレサークル『ぬこめぐろ』。別名義にて、フォトグラファーとしても活動中。HP『大羊堂』。

●活動予定
8月16日(日)「コミックマーケット76」東京ビッグサイト東I−27b。
当日は本人が売り子しています。 引退記念特典として新刊セット購入者全員に特製QUOカードをプレゼント。



【関連記事】 ネットで噂のコスプレイヤー・うしじまの本質に迫る独占インタビュー!
【関連記事】 AV嬢を個人撮影できる天国に行ってみた!
【関連記事】 獣姦OKなAV女優さえも嫌がる、「顔スト」プレイって?
【関連記事】 男と女を産み分ける方法とは?
【関連記事】 知っていて損はない海外「ポルノ規制」事情