春麗がメイド服! ドラえもん登場! パソコン版『ストIV』がなんでもアリ状態

写真拡大

1987年にゲームセンター用アーケードゲームとして登場した対戦型格闘ゲーム『ストリートファイター』。二作目として登場した『ストリートファイターII』は対戦型格闘ゲームブームの火付け役となり、スーパーファミコン版としても移植されて絶大な人気を得た。

そんな『ストリートファイター』の最新作であり、Xbox360やPS3、そしてパソコンなどのマルチプラットフォームで発売となった『ストリートファイターIV』も、その完成度の高さと豪快なプレイ感覚で人気を博している。

しかし、パソコン版の『ストリートファイターIV』が一部のファンの間で「すごい!」と評判となっており “ちょっと違う意味” で大きな注目を集めている。なんと、登場キャラクターにドラえもんやブルース・リーが登場したり、スケスケの服を着たり全裸になったり、なんと『ドラゴンボール』の孫悟空まで登場しているのだ!

これらの公式にはないキャラクターやコスチュームは、すべてMOD改造といわれている改造をゲームにほどこし、ゲーム内容をプレイヤーが改変して登場させているもの。つまり、本来のゲームにファンが手を加えてプレイをしているため、メーカーが予期しないプレイをしていることになる。

発売元のカプコンとしてはあまり嬉しくない状況といえるだろうが、『ストリートファイターIV』の改造においては、その改造のクオリティがすさまじく高いのが特徴だ。人気美女キャラクター春麗の服をメイド服にしたり、服がスケスケになっているというセクシーすぎるコスチュームも存在する。

また、インド出身のキャラクター・ダルシムはかつての政治指導者マハトマ・ガンディーに改変されており、非暴力を信念に持っていたガンジーがさまざまな技で相手を叩きのめし圧倒する(宗教や文化的に大丈夫なのかと不安ではある)。

しかしなによりも過激なのは、すでに解説したように美少女キャラクターたちが全裸になったりセクシーすぎるコスチュームをしていることだ。このなんでもアリ状態のパソコン版『ストリートファイターIV』を知った人たちは「パソコン版がほしくなった!」との声を『2ちゃんねる』であげている。人気ゲーム情報サイト『はちま起稿』の管理人は、「ヤバイ、PC版欲しくなってきた、どうしようPS3版も360版も持ってるのに・・・」と、興奮が収まらないようだ。

■最近の注目記事
『ドラクエIX』で主人公を巨大化させて遊ぶ人が出現
人気のケータイ『iPhone』と『lPhone』の5つの違い
激辛料理の国・タイの『カラムーチョ』はどんだけ辛いのか検証
亡き主人を待つ忠犬ハチ犬の生写真を独占入手!「死の1年前のハチ公」
『ドラクエIX』ダウンロードで外国人歓喜!「SWEEET! この時を待ってた!」