富士フイルム「FinePix Z300」
今年も夏休みの開幕だ。夏といえば行楽のシーズンというわけで、夏の思い出は写真でしっかり残しておきたいものだが、なかなか夏の思い出通りの写真を残すのは簡単ではない。

それもそのはず、夏だからといっても使うデジタルカメラは普段と同じ機能のカメラだからだ。
しかし今年の夏は、進化を止めないデジタルカメラで去年とはちょっと違うぞ。

2009年、この夏の注目のコンパクトデジカメを見てみよう。


おもしろフォトで遊びは無限大!充電一発で1.000枚のスタミナ撮影
夏は日差しも強く上手に写真を撮るには難しい季節でもある。夏の日差しの中でも写真をキレイに撮りたい。
そんなあなたには、リコー「CX1」だ。日差しの強い夏は明暗差が大きく白飛びなども多くなる。CX1は、明暗差が大きい状況でも白とびを抑える「画素出力補間アルゴリズム」でダイナミックレンジ拡大している。


おもしろフォトで遊びは無限大!充電一発で1.000枚のスタミナ撮影
夏の遊びはエンドレスだ。長旅も多い夏にもっと写真を楽しみたいというあなた。そんなあなたにおすすめなのがカシオ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H10」だ。EXILIM Hi-ZOOM EX-H10は、進化したダイナミックフォトと1回の充電で約1,000枚も撮れる長電池寿命なので、長旅でのエンドレスな遊びにも安心だ。


タッチで撮る!撮りたいものを逃さないフルタッチデジカメ
夏は暑い!シャッターを切るのもまどろっこしい! そんなあなたには富士フイルム「FinePix Z300」だ。Z300は、3.0型ワイド・タッチパネル液晶モニターを搭載し、液晶を直接タッチするだけで、撮る・見る・編集ができるデジカメなのだ。


水の中でも魚と記念動画!水・衝撃・夜間も安心のアウトドア
川や海、山など、アウトドアでは遊びが主役、カメラを気にしては楽しい思い出を作ることはできない。しかし、急雨や水しぶき、砂ぼこりはつきものだ。さらに遊びに夢中になればカメラを回りにぶつけたりだってしてしまう。パナソニック「DMC-FT1」は、そんなアウトドアでも安心な防水、衝撃性能を備えているのだ。