日清の定番カップ麺「カップヌードル」がパズルゲームになった「熱闘3分 カップヌードルゲーム」。3分以内に完成させなければ爆発するというゲームで、東京おもちゃショー2009のハピネットブースで展示されていたのですが、商談見本市である1日目の挑戦者で完成させられた人はなんとゼロだったそうです。

挑戦者をことごとく叩き伏せたゲームの詳細は以下から。
ハピネットのブースに登場していた巨大カップヌードル。


棚に並んだカップヌードル。実はこの中に食べられないカップヌードルがあります。分かりますでしょうか。


正解は真ん中の棚の1列目左から三番目。この画像では真ん中の上のカップヌードルが食べ物ではなくゲームとなっています。


よく見るとタイマーのマークがついていたりと、微妙にデザインが違います。


看板には「熱闘3分」という文字が。熱湯の誤変換ではありません。


フタも本物のカップヌードル(右)にそっくり。


本体下部をネジを巻くように動かすとゲームスタート。


めんや具の形をしたパズルのピースを置いていき、全部組み上げられたら成功です。


ゲームのチャレンジムービー。


失敗するとパズルのピースはバラバラに。イベントの展示なのでタイマーが早めになっていたとのことですが、1日目のチャレンジャーは全滅だったそうです。


通常のカップヌードル柄の難易度は「ふつう」ですが、同時発売のカレーの難易度は「むずかしい」となっています。


シーフードの難易度は「かんたん」。


発売予定日は10月下旬で、メーカー希望小売価格は各1280円(税抜)を予定。食べ物ではないのでインテリアとして置くのも面白いかもしれません。

・関連記事
東京おもちゃショー2009開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

欲しくなったらすぐにカップヌードルが食べられる自動販売機型給湯器「カップヌードルMYベンディングマシン」 - GIGAZINE

「カップヌードルカレーを牛乳で作るとおいしい」というウワサの真相を実際に作って検証してみた - GIGAZINE

カップヌードル「ワイルド」と「マイルド」を食べ比べ - GIGAZINE

特別限定版カップヌードル・UFO・どん兵衛は普段よりも味がパワーアップ - GIGAZINE

「カップヌードル トンコツ ビッグ」は全然トンコツっぽくない - GIGAZINE

記事全文へ