画像キャプション:ミクのモーションを担当した小倉さん(公式ホームページから)

写真拡大

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」のゲームが大ヒットしているが、ゲームに出てくる「ミク」のダンスや、ポーズなどのモーションを担当したのが、13歳の女の子だったことがわかった。

クラシックバレエやジャズダンスが得意

   「初音ミク」は思い思いの歌を歌わせることができるパソコン用ソフトで、実際の人間に近い歌声と、キャラクターの可愛さなどから社会現象と言えるほどの人気になった。これまで「ニコニコ動画」などに投稿された楽曲や動画は数万を超え、オリジナル曲を集めたCDも発売されている。そんな「ミク」の初めてのゲームがセガから発売されたのは2009年7月2日。携帯用ゲーム機「PSP」用ソフト「初音ミク〜Project DIVA〜」。メディアクリエイトが調査したゲーム売上げランキング(09年6月29日〜7月5日)では10万1414本売れ2位に初登場している。

   このゲームは「リズムアクションゲーム」といわれるジャンル。画面に出てくる出指示通りにボタンを押し、3Dで描かれた「ミク」を歌って踊らせる。また、「ミク」のコスチュームチェンジなども盛り込まれている。

   3Dでキャラクターを表現する場合、実際の人間の体にセンサーを付け、その動きをパソコンに取り込む、モーションキャプチャーと呼ばれる技術がある。ゲームでは一般的に使われる方法で、ゲーム発売前に「ミク」が歌い踊る動画が公開されると、「誰が踊っているのか?」などの話題がネットに出ていた。

   そんな「ミク」のモーションを担当したのがアイドルの小倉唯さん(13)。彼女が所属するアップフロントスタイルによると、セガから「ミク」のモーションについての相談を受けた時、小倉さんが適任だと判断したのだそうだ。決め手となったのは、髪が長く、細身で身長も同じくらいだったこと。「ミク」の年齢が15歳くらいということもあり、13歳の小倉さんのダンスが合っているのではないか、と判断したという。

「流行に疎いスタッフは助けてもらった」

   小倉さんは1995年8月15日生まれ。身長は150cm。趣味は愛犬の散歩、カラオケ、ショッピングで、特技はクラシックバレエ、ジャズダンス、水泳などだそうだ。ちなみに好きな俳優は新垣結衣さんだということだ。歌や声優、ドラマ、舞台などにも出演している。

   セガの同ゲーム開発チームによれば、

「若々しくて元気のあるモーションと、女の子らしい自然な動きを採り入れたかったので、元気でダンスに定評のある小倉さんに、モーションパートをお願いさせていただきました。また、小倉さんには収録中にパラパラの動きなどを考えてもらったりもして、流行に疎いスタッフはかなり助けてもらった場面もあり、ちょっとした演技的な仕草などにうまく生かされたと思います」

と、小倉さんを起用した理由や、ゲーム開発中のエピソードを明かしている。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
コアラのマーチとコラボした「コアラのマーチの天気予報」が4月24日オープン!
J-CASTニュースメルマガも5月から配信中!