都会の喧騒に疲れ果てたビジネスマンならば、誰もが一度は海や山など大自然の中での仕事に憧れるもの。環境意識の高まりで、エコツーリズムや農業体験など自然への回帰が流行にもなっている。こうした流れを受けて、環境省では、地域の自然や歴史文化を守りながらその魅力を楽しく伝え、学びある体験を提供できるプロ人材を育成する研修を実施する。

 同省が育成を計画している人材は、自然学校のインストラクターやエコツアーガイド、地域の自然体験活動リーダーなど、環境保全や保護や紹介という仕事に深くかかわる人材だ。
 研修は、環境省と連携する全国の自然学校等で約5か月に渡って行う実践的なオン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)を軸に、通信教育や専門家による巡回指導、集合研修が行われ、修了者には修了証が発行される。
 自然学校のインストラクターやエコツアーガイドなど研修の趣旨を活かした職に就業する意志のある人を対象としており、受講のみを目的とした人は研修を受けられない。研修修了後は、エコインストラクター全国事務局が中心となって同分野での就業情報提供等を行ってくれる。
 自然環境や歴史・文化を対象とし、それらの保全を図りながら体験するエコツーリズムは、全国各地でその取組が見られるようになっているが、多くの地域で訪れる利用者に対し、その魅力をより深く理解するための解説を行う人が不足しているという。
 同省では、「この事業は今年度が最終年度となります。関連の仕事への就業を考えている方々や農山漁村で子ども達の自然体験に取り組んでいる方々等にも是非受講いただきたい」とコメントしている。環境にかかわる仕事に就きたい人には願ったり叶ったりの研修に違いない。

 気になる方は、エコインストラクター全国事務局へ問い合わせしてみたらいかがだろうか。ただし、就職や給与を保証するものではないのでご注意を。
研修内容や応募方法の詳細は、次の通りとなっている。

(1)概要
  本研修は、受託先である(社)日本環境教育フォーラムがエコインストラクター全国事務局を運営し、実地研修は、エコインストラクター全国事務局の仲介の下、受け入れ先の自然学校等と受講生の個別契約により実施されます。なお、本事業は資格制度ではありません。
<研修実施期間>
集合研修: 平成21年9月15日(火)〜17日(木)2泊3日(東京)、平成21年9月27日(日)〜29日(月)2泊3日(沖縄)※いずれかを受講
実地研修: 平成21年10月1日〜平成22年2月28日
(2)募集人員 100名
(3)費用 講義に関するものは無料、ただし、研修期間中の生活費、交通費、保険料等の実費は受講生負担
(4)研修内容 ・専門家から直接指導による「集合研修」 ・全国の自然学校等における「実地研修」・マイペース学習が可能な「通信研修」 ・全国のブロックごとに実施する「巡回指導」
(5) 申込締切:平成21年8月18日(火)
(6)申込み・問い合わせ先
 エコインストラクター全国事務局
  〒160−0022 東京都新宿区新宿5−10−15 ツインズ新宿ビル4階  (社)日本環境教育フォーラム

◆関連ニュース
若手社会人、夏休みは“家でゆっくり休む” が多数派(2009/7/10)

不況の影響がビジネスパーソンのアフター5にも波及!(2009/7/8)
20代の若者は”ライフプラン欠乏症”? 希望はあるが具体性見えず(2009/7/2)
“お弁当男子” 不況の影響で増加中?(2009/6/22)
あなたの周りに“朝活ビジネスマン”はいますか?(2009/6/18)