2010年卒学生の就職活動の苦戦が続いている。就職活動学生の6月末時点の内々定保有率は7割(69.1%)で、5月と比較すると5.6ポイント増加したが、いまだ3割の学生が内々定をもらえずにいる実態が、毎日コミュニケーションズの定点調査で明らかになった。前年同時期と比較すると13.1ポイントの大幅減少となっており、例年ない苦戦が続いている。

 文理系及び男女別に見ると、文系男子が70.6%(前年より10.8ポイント減)、理系男子が74.9%(前年より13.4ポイント減)、文系女子が62.6%(前年より15.7ポイント減)、
理系女子が69.3%(前年より13.9ポイント減)で、すべてのカテゴリーで前年同時期と比べ10ポイント以上の減少となったほか、理系の内定率が高く、文系の内定率が低い傾向となっている。
 また、特に文系女子の内々定保有率は低く、前年同時期と比較して15.7ポイントの減少となっている。昨年であれば、6月末時点で内々定をもらえていない女子学生は約2割強だったが、今年についていえば、就職先がある文系女子学生は約6割で、4割弱の学生が内々定を得られていない状況だ。

 6月末時点で、内々定を獲得し活動を終了した学生の割合は全体の58.5%となった。就職先を決めたポイントは、「志望業種だから」(70.9%)という回答が最も多く、次いで「仕事が面白そう」(44.2%)、「社風がよさそう」(43.5%)となり、前年同様の理由が上位を占めている。
 苦戦が続く今年の就活の中で目立った理由は、「志望業種だから」(前年より15.3ポイント増)、「内々定が1つしかない」(前年より7.9ポイント増)、「大手企業だから」(前年より6.9ポイント増)などが上がった。
 こうした状況を反映してか、内々定を持ちながら引き続き就活を継続する学生が、全体の1割(10.6%)となった。

 いまだに内々定を獲得していない学生の今後だが・・・。「不満があっても内々定が出た段階で活動終了する」(21.2%、前年より5.4ポイント増)は微増しているが、「活動をしない・休止する」は17.6%(前年より5.2ポイント減)となっており、「納得がいく企業から内々定が出るまで活動を続行」する学生が6割(61.2%、前年より0.2ポイント減)と最多を占め、就活が長期化しているにもかかわらず意欲的な様子だ。
 内々定を保有していない学生の6月の活動状況は、平均エントリー社数は4.01社(前年より0.77社増)、説明会平均参加社数は2.73社(前年より1.06社増)と、昨年よりいずれも増加しており、就職をあきらめずに続ける学生像が浮かび上がってくる。
 
 日本人材ニュースの調査では、大手企業の新卒採用活動は大方、終了しているが、昨年まで採用難に苦しんだ中堅企業や、来年以降の景気回復をにらんで中小企業、ベンチャー企業が活発な採用に動き始める傾向が出始めていることから、こうした分野でどれだけ新卒学生を吸収できるか、注目されるところだ。

◆関連ニュース
「選考中 採用中止で ハイ終了」 厳しい就活を”川柳”で(2009/7/10)

就活生が好印象と感じた企業のトップは、損保ジャパン(2009/7/8)
採用担当者が履歴書で重視するポイントとは?(2009/7/2)
「買い手市場」の壁に直面、今年の就活はつらい…(2009/6/22)
採用担当者から見た、「就活生に不足しているもの」1位は…(2009/6/18)