2500人の大行列!実物大ガンダムが絶好の発進!

写真拡大

昨夜に盛大に開催されたオープニングセレモニーが話題を呼び、明けて7/11(土)、本日ついに一般公開された「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の実物大ガンダム。客の出足は予想をはるかに上回る大盛況! 10:00のオープン時点ですでに2500人の大行列に。その列はグルリとガンダムを囲むだけでは足らず、海沿いに会場である潮風公園の入口付近にまで達していた。

他の写真も見る: 【ガンダム一般公開の瞬間や屋台、ガンダムの細部まで!】第一陣が入場!

列の先頭にいたのは、仙台から来た男性3人組。前日の22:00に出発し、朝6:00から並んでいるのだというからスゴイ。「イベントの話を聞いたときから、必ず初日に来ようと楽しみにしてた。本当に、18mというガンダムの大きさが、スゴイです…」と興奮気味。

その後、10:00になると開場され、第1陣がガンダムの足元へ。

その様子は、みな一様に口をあんぐり開けて、天にそびえるようにスックリと立つガンダムを見上げたまま、ガンダムの大きさに圧倒されながら進むというもの。台座の階段をゆっくりと上がりながら、思い思いに写真を撮っていた。

また、列を作っていたのは実物大ガンダムの見物だけではなく、会場限定グッズなどの物販コーナーも、開園から30分足らずでなんと“90分待ち”の大行列に。いくつもの限定ガンプラを袋に詰めて歩く男性もいれば、公式ガイドブックを大事そうに眺めている人も…。

そして会場はグルリとブースが囲み、広島焼や串焼き、冷たく凍ったフルーツなどが売られた屋台もあって、フードも楽しめる。もちろん生ビールの販売も!

子供から大人までが大集結し、幅広い世代に愛されているということをあらためて実感するガンダム。顔を左右、上下に動かしたり、胸部ダクトや背中のバーニア、足首など全身14か所からのミスト噴射をすることも。その様は今にも動き出しそうなほど超リアルで、さらに夜にはライトアップも。

本イベントは8/31(月)まで。実際にガンダムに触れたいなら行列覚悟だが、周囲から見るのは自由なのでぜひとも足を運んでみよう。【東京ウォーカー】

【関連記事】
話題沸騰“実物大ガンダム”をケータイで楽しむ方法 (東京ウォーカー)
“真っ黒”なガンダムも!ガンダムの激レア商品って? (東京ウォーカー)
“平和の象徴に!”実物大ガンダムに託すGACKTの想い (東京ウォーカー)
ついに公開へ!前夜祭で“実物大ガンダム”が美しくライトアップ (東京ウォーカー)
かっこよすぎる!“30周年記念ガンプラ”の魅力って? (東京ウォーカー)
ジオン軍の紋章も!ガンダム30周年“ピンズコレクション”登場 (東京ウォーカー)
水槽でモビルスーツを飼う!?涼しげな“ガンダム待ち受け”登場 (東京ウォーカー)