ソニーが携帯ゲーム機「PSP」向けにコミックを配信するサービスを開始する意向であることが明らかになりました。

従来利用していた記録メディアであるUMDを廃止してゲームソフトをダウンロード購入する軽量でコンパクトな新型携帯ゲーム機「PSP Go」の発売を秋に控えているソニーですが、ダウンロード販売するコンテンツを充実させるねらいがあるのでしょうか。

詳細は以下から。
PSP「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信をPlayStation Storeにて年内に開始 | プレスリリース | ソニー・コンピュータエンタテインメント

このリリースによると、ソニーは年内にPlayStation Network上で展開されているサービス「PlayStation Store」において、PSP向けにコミックコンテンツ配信を開始するそうです。

これはPSPの特長である「高精細な画面」と「快適な操作性」を活かして、デジタルコミックの新しい楽しみ方を幅広いユーザーに提供するというもので、今後もPSPとブロードバンドネットワークを利用した新たなコンピュータエンタテイメントの創造を推進するとのこと。

なお、コミックのダウンロード販売に対応する機種は11月1日(日)に発売予定の「PSP Go」に加えて、現行シリーズのPSP-1000、PSP-2000、PSP-3000でも利用可能であるとしています。

・関連記事
ソニー、これまで発売された大量のPSPソフトをダウンロード販売へ - GIGAZINE

「メタルギアソリッド」や「バイオハザード」などの完全新作がPSPソフトとして続々発表される - GIGAZINE

ソニー、携帯電話とPSPを合体させた真の「プレイステーションケータイ」を開発か - GIGAZINE

ソニー、「みんなのGOLF」「みんなのテニス」に続いて「みんなのスッキリ」を正式発表 - GIGAZINE

記事全文へ